老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

教官への道・集会所☆5『桜色の雌火竜』(クロオビブレイド編)

ラームです(ぺこり)

砂漠でガレオスを相手にライトボウガン・テイルストリングの試し撃ちをしていたところ、
地上に飛び出したガレオスが腹滑りをして来たので、横に回避しつつ装填していた散弾で攻撃。
すると、いきなり音爆弾で砂中から叩き出されたかのように大きく跳ね上がるガレオス。
地面に叩き付けられたガレオスはそのまま息絶えてしてしまいました。

こ、これはいつぞやの妙な現象に通じるような……。
やはり腹滑りは砂中行動判定に違いない!

非常にどうでも良い事ですがやはり確認せずにはいられなくなりまして、さっそく村に戻り、音爆弾を抱えて再度砂漠へ。
ドスガレオス、ガレオスの腹滑りに対して音爆弾を使用してみますが……うむ、何も起こりません(死)
弾も同条件で撃ち込んでみますがやはり再現できず。

うーむ、怯みなどの直接ダメージが影響しているのでしょうか……
まあ、この件がはっきりした所で狩猟が楽になるのでも何でもないのですが(爆)
結局P2Gを目前にして謎が増えただけになってしまいました。


さて、それでは今日の本題へ。
いよいよP2Gまでの下位制覇すら怪しくなって来た感のある教官チャレンジ、
今回は大剣・クロオビブレイドで桜火竜に挑みます。




【準備したアイテム・持って行く支給品】

<ポーチ1>
・薬草×10
・応急薬(支給品)×9
・回復薬×10
・回復薬グレート×10
・解毒剤×10
・携帯食料(支給品)×8
・こんがり肉×10
・砥石×20

<ポーチ2>
・千里眼の薬×3
・ペイントボール×10
・空き×6

<ポーチ3>
・空き×4
・力の護符
・力の爪
・守りの護符
・守りの爪



【基本戦術】

原種を狩猟する時と基本方針は変わりません。
基本はレイアのブレスに合わせて頭へ武器出し攻撃を加えて(余裕がありそうならさらに斬り上げに繋げて)から回避。
突進後、追いついた場合にも腹か脚目がけて武器出し攻撃を叩き込みます。

サマーソルトの着地、ショートダッシュからの噛みつき時も頭を攻撃。
この時は一撃加えたらすぐに回避して軸をずらしておきます。



【狩猟記録】

雨の降りしきるキャンプからスタート。支給品を手に入れたら北側湖岸(3)へ向かいました。

北側湖岸に到達したら、今回はまずブルファンゴ2頭を先に仕留めておきます。
2頭の連携が絶妙で(と、いうより攻撃を欲張りすぎて)二度ほど転がされたのはご愛嬌。
ファンゴを片付けたところでレイアに近付き、狩猟開始です。

突進やブレスを回避しつつ、まずは尻尾を切断。
低い位置に来るので切りやすいレイアの尻尾ですが、リーチの長い大剣では特に楽に切る事ができますね。
この後は基本戦術通りに。
大剣のように攻撃の間隔が大きい武器ならば、
パターンをしっかり守れば攻撃しすぎて反撃を受けるという事もあまりありません。
順調にダメージを稼いでいきます。

西側湖岸(4)→北側湖岸(3)と移動しながらレイアと交戦していると、ほどなく脚を引き摺りました。
夜はレイアが休眠を取る大穴の広間(7)には邪魔をするランポスはいないはずなので、
寝付かせてから溜め斬りを頭に入れる事にします。
大穴の広間に降り立ったレイアのマーキングが少し動くのを見てからエリアに侵入。
しばらくボーっとしていたレイアが、倒れ込むように眠りにつきます。

こそこそと眠っているレイアの鼻先に近付き、溜めを開始。
往生っ……!

強烈すぎた目覚まし

かくして狩猟成功。クリアタイムは13:22(残り時間36:38)でした。

今日のクエスト確認



【反省会】

今回は痛撃をもらう事も無く、非常に順調でした。
一撃離脱を徹底したのが良かったようです。

ここしばらく戦っていて改めて思いましたが、
レイアは現在の自分の攻撃と防御(回避)のバランスを知り、調整するには良い相手ですね。
攻撃に思考が偏っていれば途端に被弾が多くなりますし、
かといって必要以上に攻撃を控えては時間がかかってしまう適度なタフさを持っています。

以前Sasamingさんが弓における『感覚のオーバーホール』という記事を記されましたが、
弓のみならず、定期的に自分の技術や意識を見直す機会を持つというのは、
特にソロで狩猟を行う者にとっては重要な事かと思います。

ハンターに自らの足場を再確認させる飛竜、レイアの魅力に改めて気付かされた一戦でありました。



さて、それでは今回はこの辺りで失礼致します。
ここまで読んで頂いた方、お疲れ様でした。
宜しければ、また次回もお付き合いいただければ幸いです(ぺこり)

皆様もどうぞ良い狩りを!
  1. 2008/03/18(火) 07:26:24|
  2. 教官への道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<教官への道・集会所☆5『桜色の雌火竜』(クロオビハンマー編) | ホーム | アカテントルム>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hunterchance.blog123.fc2.com/tb.php/106-831536ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。