老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ガンランス・オブ・ガンランス

ラームです(ぺこり)

ここ二日ほど、スノウギア=ドライブで集会所クエスト☆8『迫り来る仙高人』に挑んでおりました。

砦と形容される超巨大甲殻種、シェンガオレン。
体力は岩山龍よりは少ないもののその攻撃性は岩山龍とは比べ物にならず、
気を抜いているとすぐに防衛拠点を破壊されてしまいます。
特に今回挑んだクエストは戦闘街が舞台で、シェンガオレンが防衛拠点に到達するまでの距離が短く、
また集会所下位の同名クエストと比べると時間が5分短くなっています。
このクエストにおいて防衛と討伐を共に成し遂げるのは、最高クラスの武器でなければ為し得ないでしょう。

シェンガオレンには氷属性がほとんど通じない事もあり苦戦が予想されましたが、
スノウギア=ドライブは黒龍、紅龍、祖龍、そして岩山龍を下す事ができた武器です。
間違いなく『最高クラスの武器』であるはず。
絶対にこの砦を撃ち破れるはずだと信じて、最後に残ったこの難敵に挑みました。




しかし、やはりと言いますかこの挑戦は非常に難航しました。

まずは耐震・砲術王が発動する装備を用意。爆弾も調合材料を含めて持ち込んで砦蟹に挑みます。
脚の破壊を狙いつつ討伐を目指しますが、各脚へ攻撃が散ってしまったため砦蟹の猛攻を阻めず、あえなく防衛に失敗。

次は一つの脚を重点的に攻撃し、時間一杯攻撃をできるように戦術を組み立て直します。
が、シェンガオレン戦に慣れていないせいか怯みまでのダメージを計算できません。
シェンガオレンの攻撃後に怯みが発生する事が何度もあり、やはり防衛に失敗。

スキルにボマーを追加して再度挑戦。
迎撃施設の運用と爆弾の設置に気を使い出したのはこの辺りからです。
シェンガオレンの攻撃をようやく思い通りに止められるようになってきますが……。
無念のタイムアップ。街の防衛には成功しましたが、討伐を成し遂げる事ができませんでした。

やはり討伐しなければ、という事で挑戦を継続します。

火力が足りなかったのだろうと、練金調合分を含めて爆弾を持ち込みました。
モドリ玉を使って撃龍槍を二回叩き込んだり、最終盤には爆弾を連続設置したりしています。
十分なダメージを稼いでいるかに思えたのですが……やはり時間切れで撃退。

予想以上の苦戦に頭を抱えつつ、もう少しのはずともう数戦しますがいずれも撃退止まり。
火事場勇弓で挑んでいる時とは本当に別の生き物のようです。まさに難攻不落の砦。
失意の内に一日目の挑戦を終えて、PSPの電源を落としました。


二日目も最初の数戦は一日目の終盤と同じ装備、戦術で挑みますがやはり撃退の嵐。
一息入れてコーンポタージュをすすりつつ、このままではダメだと思い始めました。
それまでは狙いを脚一本に絞って攻撃していたのですが、
このまま68%カットの部位を攻撃し続けていても、討伐に至らないような気がしてきます。
どうにかして弱点を狙えないだろうかと思案し、脚への攻撃で怯んだ時にヤドと胴体の隙間を狙ってみる事に。
しかしこれも脚に上手い具合に阻まれてしまい、上手く行きません。

いい加減指が疲れていたので一旦手を休める事に。
それでも諦めきれずにネットで街シェンガオレンソロの情報を探ってみる事にします。
情報の数はそれほど多くはなかったのですが、ここで一つの有用な情報を手にいれます。
「ヤドの下顎奥、少し膨らんだ場所を突くと、弱点に当たる」と言うものです。
さらにその少し後に、Dosでの街シェンガオレンガンランス(ガンチャリオット)ソロの動画を発見。
火事場でのチャレンジで脚を狙った戦術でしたが、何と街を一回も攻撃させずに討伐に成功していました。
再びチャレンジする活力をそのプレイ動画から貰い、挑戦を再開します。

さっそくヤド貫通作戦を実地試験。
まともにやっても弾かれる事が多いだろうと、心眼装備で件のポイントをつついてみます。
すると、深めに当たった時(突きが伸びきった時、ガンランスの先端がヤド内の弱点にような感じです)に出血エフェクト。
ヤドに当たっていればこれは出ないはず。
また、音やヒットストップも明らかに違うので、ちゃんと弱点に当たっているようです。

こ、これはいけるかもしれない!
にわかに色めき立って実地試験を継続しますが、問題点も発見。

弱点を攻撃し続けているとシェンガオレンが大ダウンを起こすのですが、
この大ダウンが攻撃判定を持っていて大きく弾き飛ばされてしまい、その後の弱点への攻撃機会を逸してしまいます。
この攻撃判定はガード性能無しでもノックバックはないので、
ガードさえできればかなりの手数を弱点に引き続き入れる事ができ、次の大ダウンへの布石にもできます。
どのくらいの手数で大ダウンを起こすのかを見極めつつ、この回は時間切れ撃退。

今までの挑戦とこの実地試験を経て、ようやく「これはいけそうだ」という戦術が頭に思い浮かびました。
次こそ討伐してみせると、準備を開始します。



【装備と食事】

攻砦戦装備

武器:スノウギア=ドライブ

頭:剣聖のピアス
胴:ハンターUメイル(抗震珠×1)
腕:金剛・覇【篭手】(爆師珠×1)
腰:ハンターUフォールド(抗震珠×1・爆師珠×1)
脚:ハンターUグリーヴ(抗震珠×1)

防御力:307(護符爪込み)
スキル:耐震・ボマー・心眼


食事:龍頭×オニマツタケ(体力UP&攻撃力UP)
ネコの気まぐれスキル:ネコの防御術【大】


心眼は弱点に毎回当てる事ができればいらないのですが、
外すたびに弾かれていては時間のロスになってしまうので付けたままにしました。



【持ち込んだアイテム・持っていく支給品】

<ポーチ1>
・大タル×10
・爆薬×10
・大タル爆弾×3
・カクサンデメキン×10
・大タル爆弾G×2
・支給用大タル爆弾(支給品)×2
・小タル爆弾×10
・モドリ玉

<ポーチ2>
・回復薬×10
・回復薬グレート×10
・元気ドリンコ×10
・砥石×20
・怪力の種×10
・空き
・空き
・空き

<ポーチ3>
・空き
・空き
・空き
・空き
・力の護符
・力の爪
・守りの護符
・守りの爪


爆弾はシェンガオレンの攻撃阻止に用います。
それまでの挑戦では練金調合分の爆弾を使い切れていない事が多かったので、
練金調合は行わない事にしました。



【基本戦術】

砦への攻撃を終えた後の立ち上がり終了時など、シェンガオレンが立ち止まっている時が弱点を狙う機会です。
ヤドに対して垂直方向に構え(大ダウンをガードするため)、
ひたすら弱点にガード突きで攻撃を加えます。(これ以外だと当たらない事が多い)
出血エフェクトがで無い場合は位置を調整します。
大ダウンが近くなってきたと感じたら攻撃を単発にして様子を見つつ攻撃し、大ダウンをガード。
ガードした後はそのまま弱点に対してガード突きで攻撃を継続します。
ここで最大限の手数を稼げていれば、次の大ダウンはそれほど遠くありません。

シェンガオレンが街への攻撃態勢に入ったら脚への攻撃を開始します。
今回の狙いは右前脚です。
砦への攻撃は攻撃モーションに入ってから爆弾で脚を攻撃、阻止します。
(もし爆弾で怯まなかった場合は、次の攻撃の時に怯ませるために右前脚への攻撃を中止。
 次回の攻撃モーションに入るまでの攻撃は右後脚を狙います)



【狩猟記録】

P2ndでは非常時にしか来る事ができないドンドルマの街に到着。
一秒も無駄にできないので、さっそく行動を開始します。

まずはキャンプの武器工房入口と連絡通路(1)でバリスタの弾を10発採取。
飛んでくるシェンガオレンの酸弾に当たらないように注意しつつ、撃龍槍壁の広場(3)へ。
バリスタに取り付いてさっそくシェンガオレンに向けて撃ち込みます。

この時点ではシェンガオレンの姿は確認できませんが、
先に自分が参考にした街シェンガオレンソロの動画においては下画像の照準で撃ち込んでいました。
(ちなみに、この動画を見る前はシェンガオレンが交戦可能エリアに入ってから撃ち込んでいます)

狙撃ポイント

(↑目印に櫓があるので分かりやすいですね)
この通りに撃つと、酸弾を乱れ撃ちしているシェンガオレンに当たるようです。
震動が無いP2ndではちゃんと着弾しているのかどうかは不明ですが(死)、藁にもすがる思いで撃ち込みをしておきます。

バリスタを撃ち終わったら一度キャンプに戻り、支給品ボックスからバリスタの弾×6と支給用大タル爆弾を取り出します。
再び撃龍槍壁の広場に向かう途中で連絡通路でバリスタの弾を取れるだけ採取。
広場に戻ると丁度シェンガオレンが攻撃可能な場所に到達するかしないかの場所にいます。
バリスタに取り付き、再び10発をシェンガオレン目がけて全弾発射。
撃ち尽くした後は下に降りて、怪力の種を飲んでから直接攻撃を開始します。

ここからは基本戦術を展開。
爆弾と竜撃砲でシェンガオレンの攻撃を阻止しつつ、弱点を攻撃していきます。
先程の一戦で覚えた大ダウンのタイミングに合わせてのガードが図に当たり、非常に良い感じで手数を稼げています。
(しかし完璧ではなく、何度か吹き飛ばされてもいます><;)

10分針になるかならないかの辺りで、方向転換を開始したシェンガオレンに合わせて撃龍槍壁の上へ急いで上がります。
立脚酸弾を撃とうとしたシェンガオレンに撃龍槍を発動。
この後はまた急いで下に戻って、基本戦術の通りに戦闘を行いました。

この後からは大ダウンのガードを失敗する事が無くなり、
大ダウン→シェンガオレンの攻撃→大ダウンの繰り返しに持ち込む事に成功。
実地試験だった前回に比べても格段に弱点への手数が向上しています。
(ちなみに、怪力の種はタイミングを見計らって随時飲んでいます)

しかし、弱点攻撃を重視するあまりシェンガオレンの攻撃阻止が少しおろそかに。
大ダウンで時間は稼ぎ、また爆弾や脚への攻撃で二回に一回は防いでいますが、
拠点耐久値はやや不安を覚える減り方をしていっています。

残り5分のアナウンスとほぼ同時に爆弾を全て消費。
撃龍槍の再起動を決めます。
弱点を攻撃しつつ機会を窺っていると、シェンガオレンが方向転換を始めました。
まだ時計は速い点滅を始めていません。ここが使い時とモドリ玉でキャンプへ。

念のために支給用大タル爆弾×2を取り出してから撃龍槍壁の広場(3)へダッシュします。
広場に到着すると、シェンガオレンが砲撃態勢に入ろうとしています。
頼むからもうこれで往生してくれ、と念を込めつつスイッチを入れて撃龍槍を起動。

ラスト・アタック

苔の一念が通じたか、この一撃でシェンガオレンがついに崩れ落ちます。

砦陥つ

かくして討伐に成功。
拠点の残り耐久値は20%、クリアタイムは27:13(残り時間02:47)でした。

天睨む骸



【反省会】

シェンガオレンの攻撃を最低限しか阻止できなかったのが心残りと言えばそうですが、
そちらを重視していれば討伐できなかったかもしれない、と考える事もできます。
序盤の大ダウンガードがまだ確実では無かったので、この辺りを完璧にできれば討伐時間はもう少し縮まりそうです。



結局、一連のスノウギア戦ではもっとも回数を重ねた戦いになりました。
スキル構成や立ち回りを練磨していく過程はやはり楽しかったですが、疲れもました。
達成できたので、もうALLOKですが(笑)

これでP2ndにおいては全ての大物をスノウギア=ドライブで討伐する事に成功しました。
ラームは白鱗の銃槍の性能を多少なりとも証明する事ができたのでしょうか……そう信じたいものです。

今回のシェンガオレン戦も含め、一連のスノウギアを用いたクエストでは本当に多くの方から力を頂きました。
その力が無ければこういう事をやろうとも思わなかったでしょうし、達成もできなかったでしょう。
重ねて、深く御礼を申し上げたいと思います。

……さて、今回も大変長くなってしまいました。全く、もう少し簡潔にまとめないといけませんね(汗)

それではこの辺りで失礼致します。
ここまで読んで頂いた方、お疲れ様でした。
宜しければ、また次回もお付き合いいただければ幸いです(ぺこり)

皆様もどうぞ、良い狩りを!
  1. 2008/03/12(水) 09:40:47|
  2. 白鱗の銃槍と往く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<教官への道・集会所☆5『桜色の雌火竜』(クロオビソード編) | ホーム | 不思議が面白い>>

コメント

称賛の雨嵐

どうもこんにちはです

スノウギア=ドライブで大型種全討伐おめでとうございます
私クラスではスゴイ以外にこの偉業を称える言葉が見付からないです

これもラームさんの創意工夫とモンハンにかける情熱、あとはスノウギア=ドライブへの愛の結晶(笑)ではないのかな、と
上位に入ってすぐにお手軽に作成可能な銃槍とはいえここまでのパフォーマンスが出来るというのはガンランスの可能性を示しているんではないか、と感じています。

私は今までここまでに煤に汚れた誇らしげなスノウギア=ドライブに遭遇した覚えはありません
P2で扱う武器は違いますが、その雄志を心の鑑として持っていきたいと思います


長文失礼しましたm(_ _)m

  1. 2008/03/13(木) 09:24:11 |
  2. URL |
  3. 燻ぶるサンタ #Ijt6/zQ.
  4. [ 編集]

爆炎の向こうに狩猟の先を見る>燻るサンタさん

いらっしゃいませ!お返事が遅れて申し訳ありません(ぺこり)

縛り自体はスノウギア=ドライブで挑むというだけのものですし、
用いた技術や知識はすでに他の方々が見つけられて公開されているものを拝借しております。
偉業とまで言って頂くのは少し気恥ずかしい思いもありますが……
それでも、称賛のお言葉ありがとうございます。

スノウギア=ドライブにも全ての超大型モンスターを討伐できる性能があると証明できた事が本当に嬉しいです。
ガンランスにも浪漫だけでは無い時代がやってきたのかなと、少なくとも自分自身では思えるようになりました(笑)
スノウギア=ドライブが誇らしくしているように見えましたでしょうか。
ちょっと……いや、非常に嬉しいです(笑)

何度も倒しているはずのモンスターへの挑戦でもまだまだ今回のような感動を得る事ができる。
もう何回言ったか分かりませんが(爆)モンスターハンター、本当に奥が深いゲームです。
これからもどうぞ、存分に楽しまれてください!

今回もコメントを頂きありがとうございました(ぺこり)
また、いつでもどうぞ!
  1. 2008/03/14(金) 22:44:41 |
  2. URL |
  3. ラーム #UzUN//t6
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hunterchance.blog123.fc2.com/tb.php/103-f76b85b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

著作権表示

当ブログにおけるゲーム画像、
及び『モンスターハンター』シリーズに
関わる事項の全ての著作権は
株式会社カプコンに帰属します。

『©CAPCOM All rights reserved.』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。