老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

竜の舞う地で

ラームです(ぺこり)

唐突ですが今回はちょっとモンハンから離れまして、
PS3で遊んでおります『スカイリム』というゲームについて筆を執ろうかと思います。

『スカイリム』の正式名称は『The Elder Scrolls V: Skyrim』であり、
非常に自由度の高いRPGとして知られる『The Elder Scrolls IV: オブリビオン』の続編です。
人の手に寄る大きな街がいくつも存在しながら、同時にその周囲は厳しい未開の自然が取り囲む、
中世よりもさらにもう少し前の欧州北部といった風情のある架空の地域、スカイリム。
このゲームはプレイヤーがその地で様々な人や事件に出会いながらゲームシステムの許す範囲※で思うままに行動し、
その人だけの物語を紡いでいくゲームです。(※ただし非常に懐は広い)

さらに詳しいゲームの詳細などはウィキペディアなどを見ていただいた方が早いので省かせて頂いて(爆)、
ここでは自分がスカイリムの地で得た印象深い思い出を記していこうと思います。
ゲームシステムをくどくどと解説するよりも、おそらくその方がどのような感じのゲームか伝わりやすいと思いますし(笑)
もし興味を持って頂いた方は、続きの先でレッドガードの放浪者・Lahmの回想にしばし間お付き合いくださいませ。

[竜の舞う地で]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2012/01/19(木) 09:48:41|
  2. 狩人の寄り道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

竜の年を迎えて

ラームです(ぺこり)

すっかり遅くなってしまいましたが、まずはこちらをご覧の皆様へ新年のご挨拶を申し上げます。
更新の間が空きがちなブログであるにもかかわらず、昨年もお付き合いを頂いて本当にありがとうございました。
本年が皆様にとって穏やかかつ健やかに過ごせる一年になりますよう心からお祈り致しますと共に、
当方と変わらずお付き合いを頂ければ幸いに思います。


さて、ゆるゆると進めております3G。
先だってナバルデウスを退けてモガの村の危機を掃い、同時に上位クラスに歩を進める事ができました。
現在は★6を全てクリアして緊急クエストを出現させた状態で、このクラスで強化できる装備を整えているところです。
防具の方は安心と信頼のボロスS系剣士&ガンナーセット(ガード性能/精密射撃+攻撃防御UP)、
ハンターSをベースにした捕獲ガンナーセットを揃えてほぼ問題ないのですが、
武器に関しては強化派生先が多くなってきまして手を広げるのがなかなか大変な感じです。
現状メインのガンランス、ライト、ヘビィに加えて最近はスラッシュアックスも作りたいなぁなどと考えているのですが、
それをはじめると本当に進行ががが(爆)

そういえば今作で始めてガンランスを水中で使う事になったのですが、悪くない感じですね。
tri-の水中戦でもランスは使いやすかったので、その亜種武器であるガンランスも同様に仕上がってると思います。
攻撃面では踏み込み斬り上げが移動距離・上下の攻撃幅共に優秀で、
水中では斬りにくい尻尾を斬り飛ばすのに重宝しています。竜撃砲が縦方向にも発射角を変えられるのもナイスです。

ちなみにガンランスはプリンセスバーストが完成してからはこれをメインに用いています。
レイアの性質をよくあらわしている設計の武器であり、
また属性とガンランスの武器性質それぞれの要素が上手く弱みを補って、
いかなる狩猟でも汎用的に用いる事ができる点がなんとも好みです。
強化の末に桜色や金色の厚化粧にならなければ末永く使い込んでいきたいです。

一方でボウガンに関しては粒は揃っていると思うものの、これという一品は見出せていません。
暗紅砲やヴァルキリーファイアの系列は良い感じですが・・・ここからの性能の仕上がりに期待したいです。
ヘビィは・・・どうしたもんでしょうね(爆)
この段階ゆえかもしれませんが、基本的に性能が一つ二つ「抜けている」のがどうにも使いづらいです。
弱みも個性ではありますが、どうせなら強みの方もしっかり表現していただきたいものですが・・・。
ともあれこちらもこの先出てくる物に期待をかけるとしましょう。

そういえば久しぶりに桜レイアとも邂逅を果たしました。
ことあるごとに火を噴いたり昇龍図のようなサマーを繰り出したりと、
華やかな体色に相応しいアグレッシブなアクションが印象的ですね。
P3rd金火竜のようなやりすぎ感もさほどではなく、原種とは一味違うモンスターとして楽しめそうです。
個人的な好みとしてはちと騒がしすぎるな、と思いますが(笑)


あと数種類の武器を強化したら、いよいよ復活のガノトトスに挑んでみようかと思います。
体験版でまみえてはいますが、自分で調整した装備で挑むのは初めての相手。
十分な準備をして、気を引き締めて狩りに臨むとしましょうか。

さて、それでは今回はこの辺りで失礼を致します(ぺこり)
皆様もどうぞ、良い狩りを!
  1. 2012/01/06(金) 17:16:37|
  2. MH 3G
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

著作権表示

当ブログにおけるゲーム画像、
及び『モンスターハンター』シリーズに
関わる事項の全ての著作権は
株式会社カプコンに帰属します。

『©CAPCOM All rights reserved.』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。