老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

手には手を

ラームです(ぺこり)

全国的にいよいよ夏本番にさしかかってきたという感じで日中の暑さも厳しい今日この頃、
皆様におかれましては変わりなくお過ごしでしょうか。
かくいう当方は周知なく一ヶ月近くも更新を休止してしまいまして、久しぶりの記事となります。
PSP本体の不調や不規則な生活サイクルなど諸々の事情あっての事ではあるのですが、
記事を楽しみに足を運んで下さっている皆様には誠に申し訳ない事だと筆を執りつつ反省しております。
更新の間は空きがちですが、歩みを記す事をやめるつもりはまだありませんので、
もしお見限りでなければ今後もお付き合いを願えると幸いに思います。


さて、それでは今回の本題へ。
モンスターハンターというゲームには実に多くのプレイヤーがいて、
そのそれぞれが他に二つとない『道』=プレイスタイルを持っています。
PTプレイが可能なモンハンにおいてそれらは時に交差し、多くの場合においてさらなる楽しみを生み出すものです。

しかしながら異なる『道』が縁あって同じ場所で何か事を為そうとする場合、
価値観の微妙な差異などによって齟齬や摩擦が生じる事も、また少なからず起き得る事でありましょう。
そしてそういう事例は特にモンスターハンターというゲームに愛着を持って狩りを行なう人が持つ、
個性的かつ魅力的な『道』同士でこそ起こりやすいのではないかと自分は考えています。

確かに他者の『道』が自分の『道』に与える影響は、決して好ましく感じるものばかりではないでしょう。
その影響が悪意に基づくものである場合はもちろん断固としてはね除け、その『道』とは席を断って良いと思います。
しかしでは好ましくない影響を与えてくる『道』が、決して悪意に基づくものではない場合はどうすれば良いでしょうか。

人によってここから先のやりようは異なると思いますし、また正解もないのではありましょうが、
自分の場合は伸びてきた『手』に対して『口』で対する事をしないようにしています。
理を以て論を組み、『口』を用いて自分が感じている事を相手に伝える事は一般的に正しい手法だと思います。
ただ直接相手と向かい会っての会話ができない事が多いモンスターハンターの狩猟の場において、
それはおそらくどのように丁寧に、かつ論理的に行なってもカドが立ちやすい手法であるとも感じるのです。
もしカドが立ってしまえばそれは『道』の交差においていずれかの、あるいは互いの萎縮や反発を生み、
良くない結果しかもたらさない。そう思います。

そして伸びてくる『手』の根元に真摯な姿勢や想いがあると感じられるならば、
その『手』は『口』で控えさせるべきものではないと自分は考えます。
ではそれならばただ黙して受け入れれば良いのかといいますと、それも違うと思います。
それは単に自身の『道』を引っ込めるだけの妥協に過ぎません。
伸びてきた『手』に自身からも『手』を伸ばし、互いの『道』が交差した時にしか現せない狩りを作り上げようと励む。
そうであってこそ異なる『道』が交わる甲斐があり、また自身の『道』をより良い方向へと導く事ができるはずです。

例えば自分は連続拘束を用いた狩りを基本的には好みません。
しかしそれを好んで行なう人との狩りでは、
そのチャンスに自分が今まで培ってきた技量を以てどれほどの攻撃を加えられるかを考えます。
PT全体の攻撃効率を考えたポジショニングやその後の流れなど、
目標が動けないならば動けないなりに考える事はたくさんあります。拘束厨乙などと思考停止している暇はありません。

また支援行動を受けたならば、
支援側の思惑はひとまず置いて結果を受け取り、それをどのように活かして自身の『手』を示すかを考えて実行します。
そうやって示された『手』をまた支援側の『道』が受け取り練磨されつつ循環していく事によって、
より良い狩りが形作られていくはずだと考える故です。


『手』にはまず『手』で応える。


伸びてきた『手』が好ましくないと思えても、
その試行の中で『手』の元である『道』と深く触れ合う事によって得られる事は多いと思いますし、
彼我の『道』に対する考えや意見もよりまとまっていくはずです。
そしていつか『口』によって『道』に対して意見を求められたならば、その時こそ『口』を以て応える時だと思います。

異なる『道』を持つハンター同士の議論は有益で、必要なものです。
ですが互いに十分に『手』を尽くす前にそれを行なった場合、摩擦が大きくなってしまう事が少なからずあるでしょう。
もしそれによってそれらの『道』が織り成すはずであった見応えのある狩りが無くなってしまうならば、
それは当人たちにとっても、その他の多数の『道』を持つハンターたちにとっても大変に勿体ない事です。
それを考えるならば、慌てて『口』を用いる事はないのではないでしょうか。

自身の『道』を守る。他者の『道』を守る。
それぞれの考え方でどうしても合う合わないがあるなど難しいところもありますが、
頻繁に自身の『道』を他の『道』と交える機会を持つハンターは二つの『道』を守る事を意識に留め、
かつ上手く融合させていく事を考えていかねばならないと思います。



さて、それでは今回はこの辺りで失礼を致します(ぺこり)

今回は久しぶりの記事にも関わらず読んでいて面白い記事では無かったかなと我ながら思いますが、
それでもここまでお付き合いくださった皆様、本当にありがとうございます。
皆様がモンハンにおいて自身、そして他の人が持つ『道』との付き合い方をこの辺りで一度改めて考えてみられる、
そのきっかけにでもなれば幸いです。

本日もどうぞ、良い狩りを。

スポンサーサイト
  1. 2011/07/14(木) 15:37:31|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

著作権表示

当ブログにおけるゲーム画像、
及び『モンスターハンター』シリーズに
関わる事項の全ての著作権は
株式会社カプコンに帰属します。

『©CAPCOM All rights reserved.』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。