老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

鬼の島より雲出ずる

ラームです(ぺこり)

先日ある方からライトボウガンの徹甲榴弾速射に関するコメントを頂き、
同時にそれをラームが使うならばどのようなコーディネイトを用いて、
どのような運用をするだろうかというご質問を受けました。

正直これまであまり注意を向けていなかった徹甲榴弾の速射。
しかし先のコメントをきっかけに使い出してみるとこれがなかなか楽しく、
ここ最近の狩りでは特に『大鬼ヶ島』と『大神ヶ島【出雲】』の二種を用いて、回答を見出すべく色々と試しています。


大鬼、大神の二挺はいずれも火縄銃を髣髴とさせる同系列デザインの軽弩で、
性能も運用可能弾種とその装填数、LV1徹甲榴弾の速射機構など一見して似通っている印象です。
まずはどちらを本格的に使い込んでみるかの選択ですが、ここからが既に悩ましい。
レア度が高い大神の方は攻撃力・会心率・装填・反動などの各基礎性能面で優れていますが、
下位からの叩き上げである大鬼もスロット数や運用弾種・装填数の面で使いでが大神とは微妙に異なっており、
完全に性能を食われているわけではないのが面白いです。
戦術の練磨と合わせてどちらかに絞ろうかとは思っていますが、さてさて。

戦略面においてはポーチの構成が悩みどころ。
大鬼・大神は共に運用可能弾種が豊富ですが、
弾丸ポーチが廃されている今作ではどうしても持ち込める戦力を厳選せねばなりません。
また爆装が充実しているのは良いのですが、その辺りの弾丸は総所持数も少なくなっています。
爆装の調合素材を持ち込むのか、はたまた通常攻撃弾に余裕を持たせるのか・・・。

また戦術面でのキモであるLV1徹甲榴弾速射をどう使うかも、まだまだ試行錯誤の段階です。
やはりスタンを狙っていきたい所ではありますが、ソロではスタンの効果も今ひとつですし、
火属性が効果的な相手ならばこだわらずに投入していくのも一つの手ではあろうかと思います。
あるいは気絶している時に爆弾を置いていくという手もありますが、この場合は罠師スキルが必須になりそうですし、
ただでさえポーチが厳しいのに爆弾を素材込み持ち込むとなると・・・うーん。


武器の選択、戦略・戦術。どれもまだまだこれからの様相ですが、しかし今はとても楽しく狩りに出かけられています。
またしばらくヘビィがおろそかになってしまいそうな気がしますが(爆)、
せっかく訪れたこの狩り熱、大いに活力源にさせてもらおうと思います。

さて、それでは今回はこの辺りで失礼を致します(ぺこり)
本日もどうぞ、良い狩りを!
スポンサーサイト
  1. 2011/04/07(木) 22:22:59|
  2. MH P3rd
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。