老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

重き歩みは、巡り来るもの

ラームです(ぺこり)

当方からもリンクさせて頂いている『村に帰って、机について』のシュガシュガさんが諸々の事情により、
この7月末をもって休猟に入られるとの記事を拝見しました。
『村机』は自分が最も更新を楽しみにしている狩猟記録の一つであり、
その停止を非常に残念かつ寂しく感じています。


『ヘビィウォーカー』


シュガシュガさんという狩人は自身の道を本当に大事に、そして丁寧に進む方で、
その歩みは彼の人が愛銃と共に半年間に渡って挑み続けた老山龍のそれのように、実に“重み”のあるものです。


自分がどのような一歩を踏み出そうとしているのか。
踏み出した一歩がどのような形を成したのか。
そして次の一歩はどこに向けるのか。


自身が刻む一歩に真摯かつ丁寧に向き合って自身の歩みに“重み”を与え、
時には自身の歩みの重さに足を取られそうになりながら、
それでも次の一歩を同じように踏み出し続けて、歩みの先に道を繋げて行くシュガシュガさん。
自分はそこにモンスターハンターというゲームを楽しむ狩人の理想の姿、その一つを見ていました。


一歩の“重さ”が刻んだ、大きく深みのある足跡。
それはシュガシュガさんご自身のみならず、その足跡を見た狩人にも、
狩人としての歩みを続けていくための大きな活力を与えたのではないかと思います。

MHP3rdの発売を前にして多くの狩人の参考となるはずの歩みが途絶えるのは返す返す残念な事ですが、
しかしシュガシュガさんは、狩りに飽いたわけではないと仰っています。
であるならば彼の狩人が愛して已まない巨砲の親であり、大きな道標となった龍が長い時を経て同じ道を巡るように、
いつかまたきっとその歩みを目にする時が来るでしょう。
その時を楽しみにしつつ、残る我々はシュガシュガさんが辛抱たまらなくなるような(笑)狩りを楽しんで参りましょうか。


猟友よ、健やかに在れ。いつかまた狩場で。
スポンサーサイト
  1. 2010/07/28(水) 16:25:22|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

銃槍、未知の先へ

ラームです(ぺこり)

先日発売のファ○通さんに、P3rdの新情報が掲載されておりましたですね。
多くの武器に新たな要素や調整が加えられている事が明らかになりましたが、
特にtri-では採用されなかった武器種への調整は力が入れられているようで、楽しみが増してくるところです。

ガンランスにおいては『クイックリロード』『叩きつけ』『フルバースト』という3つの新アクションが採用されるそうで、
この3つはPVで見られた連携攻撃を構成していたアクションのようですね。

『クイックリロード』は砲撃後に一発分のリロードを速やかに行なうアクション、
『叩きつけ』はクイックリロードから連携して行なえる直接攻撃、
そして『フルバースト』は叩きつけから連携する、装填してある爆薬を一度に全て炸裂させる大技との事。

新しいアクションの導入はもちろん諸手を上げて歓迎したいのですが、
自分が気になるのはクイックリロード、叩きつけ共にシングルアクションとしての使いでがあるのか否かという事です。
クイックリロードが叩きつけ以外の行動にも繋がるのであれば攻勢維持の仕方に幅が出てきますし、
叩きつけも単にフルバーストの前動作というのではなくて、
心眼効果アクションで弾かれず、他のアクションにも派生させられるといったような特性があると面白いと思います。
せっかくの新アクションなのですから、できれば一つの連携パターンとしてだけ活きる形ではあってほしくないですね。

そしておそらく今回の目玉となるフルバーストですが、これってどうなんでしょう(爆)
今までの砲撃型の性質から言うと1リロード当たりの総ダメージ数に優れる通常型が最たる恩恵を受けそうでして、
砲撃に関する威力の格差調整、そして竜撃砲が使えない時間における大技の補完といった印象を受けます。
もしそういう感じで採用されているのだとしたら、非常に微妙な感じがするアクションなのですが・・・。

自分は砲撃を通常攻撃と繋がる事で活きる攻撃手段だと思っていますし、
単体の攻撃手段として役割を為すのは竜撃砲がその任を現状でしっかりと負っているとも思っています。
もちろん新しい攻撃手段の出現を望まないわけではないですし、全弾発射という響きには強く惹かれるものがあります。
ですがもし、フルバーストがただ単に竜撃砲の縮小再生版というような存在であるならば、
自分はその採用に疑問符をつけざるを得ません。それならば他に手を加えるべき箇所があるように・・・。

と、せっかく衆目を集めそうな新要素にいきなりケチをつけてしまいました(滅)
フルバースト発射の日を楽しみに待たれている皆様には申し訳ない事だと思います。
しかしながらその日を楽しみにしているのは自分も同じでありますので、
もしご立腹の段がありましたら楽しみすぎるが故に不安を口にする、悲観主義者の戯言と流して頂ければ幸いです。
今後さらにガンランスの基本的な仕様が明らかになっていき、
それらとの兼ね合いでフルバーストが確かな使いでのある新アクションとして成立し、
銃槍を手に新たな狩りに赴く人々の一つの道標になっていってくれる事を切に願います。

さて、それでは今回箱のあたりで失礼をいたします(ぺこり)
本日もどうぞ、良い狩りを!
  1. 2010/07/17(土) 21:53:54|
  2. MH P3rd
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

狩人の集い・梟との語らい編

ラームです(ぺこり)

少々間が空いてしまいましたが、前回の記事の続きをお送りしようと思います。

日帰りでおいでになった緑風さん、紅風さんの御二方を駅までお送りして、再びラーム宅へと戻った自分と蒼梟さん。
帰宅途中で食料と飲料を買い込み、まずは食事をしながらあれこれと語り合います。
モンハンをベースとして色々な方面の話題について言葉を交わしたのですが、
一つ一つの話題を真剣に、そして誠実に語られる蒼梟さんとの会話は実に楽しかったです。
自分も久しぶりに思うところを存分に語る事ができ、充実した気分で時を過ごす事ができました。

[狩人の集い・梟との語らい編]の続きを読む
  1. 2010/07/09(金) 22:02:42|
  2. MH P2ndG
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

狩人の集い・二つの風編

ラームです(ぺこり)

こちらでは蒸し暑い日が続いております。
自分は暑さそのものはさほど苦にしないのですが、そこに湿気が加わるとさすがに厳しいものがありますね。
こういう時期は食べ物がダメになりやすいので、買い置きしている食べ物を食される前はどうぞご注意くださいませ。

さて、それでは本題へ。
つい先日、モンハン関係で知り合った方々と縁あってリアルで直接お会いする機会がありました。

集まったのはいつもお世話になっている“正直村”の村長さんである『蒼梟』さん。
折につけ支援術やその歩みで、物理的・精神的に援けていただいている『緑風』さん。
『緑風』さんのご友人で、今回初めてご縁を得た『紅風』さん。
そして私ラームの4人。

雨の中集まった狩人たちの、短くも熱い邂逅の一時。今回はその思い出を書き残しておこうと思います。

[狩人の集い・二つの風編]の続きを読む
  1. 2010/07/02(金) 17:39:54|
  2. MH P2ndG
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。