老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

最後のガンパーツ

ラームです(ぺこり)

tri-のボウガンは周知の通り3パーツによる組み合わせ(アセンブリ)で完成するようになっています。
それによりプレイヤーは趣味嗜好を色濃く反映したり、クエストに適したボウガンを構築できるのですが、
この完成したボウガンにはシステム側から名前が与えられる事はありません。
よってプレイヤーは自由にマイボウガンの呼称を設定(ゲームに登録できるわけではありませんが)しても良い訳ですが、
パーツの数には限りがありますし、あるコンセプトに適したパーツにはいわゆる“定番”がありますから、
場合によっては他のプレイヤーとアセンブリが被ってしまう事もままあります。

そういう時、他の人がすでに使っているアセンブリに自分が考えた呼称を与える。
また逆に自分が見出したアセンブリに別の呼称を付けられる。
それらの事に抵抗を感じられる方がひょっとしたらいらっしゃるかもしれません。

でもそう考えて呼称を与える事を控えたり、
他の人が設定した呼称を否定したり(これはなかなか無さそうですが(笑)するのは、
ちょっと違うのではないかと自分は考えています。


例えば『F:雷迅砲サンダークルス/B:イビルマシーン/S:ポイズンギフト』というアセンブリのボウガンがあります。
この組み合わせは扱いやすいミドル・ストレートタイプのボウガンでありつつ攻撃力が高く、またシールドを備え、
装填弾も通常攻撃弾・異常属性弾・爆装・減気弾など幅広い弾丸の運用が実用域で可能になっています。
それぞれの分野で特化した性能のアセンブリはもちろんありますが、
総合性能という面から見て間違いなく最高峰の組み合わせといって良いでしょう。
実際に自分が知る限りでも複数の方がこのアセンブリの有用性を認め、狩場で用いられています。

ですが実際に狩場でその活躍を見ていると、それぞれの銃は同じ構成でありながら違う表情を見せるのです。


ある方の“それ”は射撃で牽制をかけつつ、機を見て異常弾や回復弾での戦況コントロールを行う『支援型』。

またある方の“それ”は竜撃弾を用いた接近爆撃を主攻手段としてモンスターの間近で雄叫びを上げる『突貫型』。

また別の方の“それ”は貫通弾による射撃を主軸に、コンスタントに体力を削ぎ落としてゆく『射撃型』。


どこに動き、どの弾丸を、どの局面で、どの間合で。
それらの判断はボウガンを構えるガンナーによって千差万別。

自分の目にはこれらは全く別のボウガンであると映りますし、事実そうであると思います。
つまるところボウガンは最後にアセンブリされるパーツである『ハンター』によって、
“性能”は変わらずとも“性質”には大きな違いが生まれるのです。
そしてこの最後のパーツが他と完全に被るような事は間違いなく、決して無いでしょう。

であるならば例え外観が他の人のものと同じであったとしても、
ガンナーは自身が組み上げたボウガンには全て、胸を張って自分だけの呼称を与えて良いのだと自分は考えます。

単に番号を振るだけでも、練りに練ったコードネームを与えても良い。
それはきっとガンナーがその一挺を使っていくにあたって、楽しみを見出していく助けになるはずです。


tri-には単純にパーツ数を掛けた総数以上のボウガンがある。
自分にとってのそれらを「見る」楽しみは、なかなか尽きる事はなさそうです。
これからもロックラックやモガの村にて、素敵な名を持つボウガンが生まれ続けますように。

さて、それでは今回はこの辺りで失礼を致します(ぺこり)
本日もどうぞ、良い狩りを!
スポンサーサイト
  1. 2010/05/23(日) 15:14:15|
  2. MH tri-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

終わりなき火線-無限供給を考える-

ラームです(ぺこり)

もうしばらく前になりますが、『Dragon Jet Storm』様方にて弓に関する遊想が掲載されました。
その内容は“矢の弾数は何故無限なのか”。
自分も前々からどうなっているのかと思っていたお題でありまして、
拝見してみるとなるほどと頷くところが非常に多くあり、大いに感銘を受けました。

 <参考記事>
  『Dragon Jet Storm』様方
  ・弓遊想-弓の弾数は何故無限なのか-その1
  ・弓遊想-弓の弾数は何故無限なのか-その2
  ・弓遊想-弓の弾数は何故無限なのか-その3

一連の遊想では結果的にSasamingさんも完全にご自身を納得させられる答えを見出せず、
明確な解答はとりあえず一旦保留と言う事になっています。
ですがその記事にコメントを寄せられた多くの皆さん同様に、
自分もまたこの疑問に対して向き合う機会と、多くのヒントをSasamingさんから頂いたと感じました。

考えてみれば『この無限に使用できる』という要素は弓のみならず、
自分がよく使用するボウガンやガンランスにも付いて回る疑問でもあるのですね。
これについて考えを進めていく事は、よりそれらの武器を身近に感じるためにも有益でありましょう。
今回はSasamingさんにお題を借りまして、自分なりに遊想を展開してみようと思います。

(ちなみに今回の遊想の考察範囲は、弓が存在するシリーズを対象とさせて頂きます)

[終わりなき火線-無限供給を考える-]の続きを読む
  1. 2010/05/17(月) 14:48:36|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

誰そ狩れ時に蛇は這う

ラームです(ぺこり)

先日の記事『道を繋ぐは黒狼鳥』に頂いたりむさんのコメントへのお返事にありますように、
最近の自分はモンハンと並行してPSPのゲームソフト『メタルギアソリッド ピースウォーカー』を楽しんでおります。

メタルギアソリッド(以下MGS)シリーズは主人公を操作して、一つの話の筋を追っていくゲームです。
シナリオやそれを彩る演出が秀逸である一方、「ゲーム」である事に拘って(また遊び心を忘れずに)作りこまれており、
その相乗効果でプレイヤーは作品世界にぐいぐいと引き込まれていきます。
今作ピースウォーカー(以下PW)でも基本的にその流れは変わらないのですが、
今回はかなり「ゲーム」寄りに作られており、しかもその出来はかなり秀逸であると感じています。

従来作ではストーリーがオープニングからエンディングまで(ある程度の区切りはありますが)の繋がり方が強く、
道中に散りばめられた「遊び」は非常に豊富であるのに、それを少し楽しみにくい印象がありました。
(同じステージで様々な楽しみ方を試すには、区切りごとにセーブデータを取っておく必要があったりします)
然るにPWにおいてはストーリーはミッションという形で分割されており、クリアすればいつでもリトライする事が可能です。
またそのリトライの結果もプレイの成果としてデータに蓄積されてゆき、
人材の獲得や武器装備の開発・強化などプレイヤーはできる事を段階的に増やしてゆく事が可能となっています。
ストーリーに関わらない外伝的なミッションも多く(むしろこちらが「ゲーム」としては本番かもしれません)、
内容も激しい銃撃戦から心霊写真の撮影(笑)など多様性に富んでおり、実に遊び甲斐があります。

また携帯機ならではという事で気軽に複数人数でのミッションプレイも可能ですが、これもまた楽しいですね。
MGSシリーズの基本は「敵に見つからない事」ですので、
仲間と協力して上手く敵の裏をかきながら目的を達成しなければならない事も多いのですが、
直接声をかけられる事もあって連帯感が半端ありません(笑)
またたとえ失敗しても所要時間が短いミッション制ですので、
「今度はああしてみようか」「次はあれを持っていこう」というノリでどんどん楽しめますし、
作戦が上手くいった時の達成感や爽快感も大きいです。

しかし従来のMGS(あるいは元祖メタルギア)シリーズを愛好されてこられた方の中には、
あるいはこのゲームデザインには違和感を覚えられる方もいらっしゃるかもしれませんね。
ですが自分の所感を言わせて頂くならばPWは「ゲーム」としての面白さを追求したシリーズタイトルであり、
そしてMGSシリーズが持つ可能性をさらに広げる一作に仕上がっていると思います。
「メタルギアを楽しんでもらう」。おそらくはそれがPWの最たるコンセプトではないでしょうか。
これからシリーズに入る人も、今までシリーズを愛してきた人も楽しめる一作。
どうか食わず嫌いをされずに、興味があるならばぜひ手に取ってみてくださいませ(笑)

しかしこの流れ、いつかモンハンも同じように様々な可能性への展開が現れる時が来るのかもしれませんね・・・。
“アイルー村”とかを見るにその日もそう遠くはないような気がしますが、さて。


と、このままではモンハンに全く関係なく記事が終わってしまいそうですので(爆)、一つ狩猟の記録を。
MGSPWがモンハンとコラボを展開したのは以前記した記事の通りですが、
自分の操るスネーク(MGSPWの主人公)もようやくその別世界のモンスターたちに挑めるようになりましたので、
続き以降ではその様子をお送りしようと思います。

[誰そ狩れ時に蛇は這う]の続きを読む
  1. 2010/05/12(水) 20:43:37|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

道を繋ぐは黒狼鳥

ラームです(ぺこり)

皆様は連休はいかがお過ごしだったでしょうか。
こちらは毎度の如くお仕事でございましたが(滅)、その合間にモンハンがらみでいくつか楽しい事をやっておりました。

その一つはリンクをさせて頂いている『女神の機械槍』様方管理人、丼$魔さんが考案されたクエストへの挑戦です。
「はじめてのともだち」と題されたこのクエストには様々な方が参加され、
各々の思考と技量を存分にふるってそれぞれの納得する結果を出すために狩りに挑まれました。

詳しい流れや結果は『女神の機械槍』様本家にお任せしまして(タイムアタックの結果はこちらから)、
ここではラームが「はじめてのともだち」にどうアプローチしたか、その足跡を記しておこうと思います。

[道を繋ぐは黒狼鳥]の続きを読む
  1. 2010/05/06(木) 20:02:45|
  2. MH P2ndG
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

著作権表示

当ブログにおけるゲーム画像、
及び『モンスターハンター』シリーズに
関わる事項の全ての著作権は
株式会社カプコンに帰属します。

『©CAPCOM All rights reserved.』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。