老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

未知を探る

ラームです(ぺこり)

ここ最近、tri-における竜撃銃構築のコンセプト設定に少々悩んでいます。

何度となく記してきましたように竜撃弾は強烈な威力を持つ弾丸ですが、
同時にモンスターからの攻撃を受けやすくなるという大きなリスクを射手に与えます。
自分はそれを鑑みてまずそのリスクの回避、ないし抑制ため機動力の確保に主眼を置き、
また竜撃弾のみに攻撃手段を頼り切らない汎用性を重視して竜撃銃の設計を行なってきました。
その結果作成されたのが『トート・ギフト』『火烏』といったストレート・ミドルの竜撃銃であり、
実際これらの機体は自分が思い描く戦術によく馴染み、良く働いてくれています。

しかしながら軽量化のために火刃バレルを採用し、LV3竜撃弾を非対応としたのこれらの竜撃銃は、
同様に竜撃弾の運用に優れるイビルマシーンやカオスウイングのパーツをメインに採用している銃と比較した場合に、
単発辺りの火力は二回りほど水をあけられています。
そして実際に狩場に出てモンスターと対峙した時、
自分が用いる中量竜撃銃が放つ竜撃弾と、猟友たちが用いる打撃力に優れる銃から放たれる竜撃弾の威力の差は、
怯みや転倒、撃墜の頻度として確かに表れるのですね。

繰り返しますが、竜撃弾は非常に運用リスクが大きい弾丸です。
ならばそのリスクに見合うリターンを最大限引き出さなければならないのではないか・・・と自分は考えます。
怯み・転倒・撃墜といった短期拘束はまさにそのリターンの一つであるわけです。
短期拘束は効果時間こそ短いですが、その隙に反動無しの竜撃弾ならもう1~2発撃ち込む事ができますし、
頭部への打撃を虎視眈々と狙う鎚士が一撃を加えたり、ガンナーならば1リロードする事も可能でしょう。
モンスターが一瞬でも自由に動けなくなる、という事は確かなアドバンテージを得る事に他なりません。

然るに自分が今用いている、打撃力を抑えて運用性を優先させた設計の銃たちは、
竜撃弾の真価を発揮させる事ができていない(と言い切ってしまいたくはないのですが・・・)のかもしれません。
『トート・ギフト』や『火烏』の設計コンセプトと性能は自分にとって満足のいくものであり、愛着もあります。
しかし竜撃弾を攻め手の主軸に据える狩人として、
ここでもう一つ別の竜撃弾を活かす道も探らなければならないのではないだろうか。
最近はそんな思いも抱くようになってきています。

機動力と汎用性を以て狩場を縦横に駆け、戦術を変化させつつモンスターの体力を確実に削っていくのか。
はたまた高火力を以てモンスターの動きを抑え込み、自身や味方の更なる好機を演出してゆくのか。
ただひたすらに竜撃弾を撃っていく事によって、
自身を納得させられるところまで辿り着けるかのように思っていた竜撃弾と竜撃銃の運用。
どうやらここに来て一つの考えどころに差しかかっているようです。

しかしこのような悩みは、同時に自分にとっては大きな楽しみでもありますね。
これを機にまた自分の考えや立ち回りが広がっていくように、この問題とはじっくり付き合ってみようと思います。
竜撃弾の爆炎が、霧中に在る道を示すと信じて。

暗中模索

さて、それでは今回はこの辺りで失礼を致します(ぺこり)
本日もどうぞ、良い狩りを^^
スポンサーサイト
  1. 2010/01/22(金) 13:04:02|
  2. MH tri-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

著作権表示

当ブログにおけるゲーム画像、
及び『モンスターハンター』シリーズに
関わる事項の全ての著作権は
株式会社カプコンに帰属します。

『©CAPCOM All rights reserved.』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。