老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

砂を蹴る闘角士

ラームです(ぺこり)

まずはモガの村での一幕から。

波の静かな夜に村の中を散策していたヴォローナ、村長を見かけて声をかける事に。
村長は若干眠そうにしていましたが会話に快く応じて、モンスターの弱点について話をしてくれました。


村長:
 「・・・では、弱点をどうやって探せばよいのか?
 よく目を凝らせば、弱点に攻撃を当てた時、わずかな手応えの違いを実感できるはずだ」


ふむふむ・・・。


村長:
 「近接武器ならば、振り下ろす際のかすかな引っかかりとして」


うむうむ・・・。


村長:
 「遠距離用の武器ならば、命中時の閃光の大きさとして・・・」


待たれーい!!(爆)

それはどう考えてもクリティカル距離の話で、弱点とは全く関係ないような気がするのですががが(滅)
いやしかし、わざわざ村長の言葉として採用されているのですから、もしやして今回は本当にそういうシステムが・・・?
村長の言葉が真実であるならば、弱点に当たったかどうかを視認できるという事です。
狙撃の技術を磨くのに非常に有益であるように思うのですが・・・さてはて。
(とりあえず注意して見ても、どこに当てても全く変わらない感じがしますが・・・)

とにかくも思いがけず大きな疑問を得た、とある夜の話でありました。



と、今回はもう一つ。
先日の記事へのコメントで、セパレート・ヘビィ運用時のディアブロスの攻撃に対するアドバイスを訊ねられました。
そこではとりあえず自分が気をつけている事をお返事として記したのですが、
どうもディアブロス戦での回避はまずタイミングが非常に重要な気がしておりまして、
故に文章だけでは十分に説明できていないかなという思いがありました。

それにこの辺りで自分が狙われた時の対処を確実にしておきたいとも感じましたので、
先日のラギア同様に、ここでちょっと集中的にディアブロス戦の修練を積む事にし、その様子を撮影してみました。
自分にとっても参考になるかも・・・とお思いの方は、宜しければご覧になってみてくださいませ。

[砂を蹴る闘角士]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2009/09/27(日) 18:27:53|
  2. MH tri-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。