老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

雪山に思い出を、凍土に夢を

ラームです(ぺこり)

雨が降らなくなったと思ったら一気に暑くなってきました。
これは今年の夏も大変そうです・・・日中にお仕事の皆様はどうぞ、熱中症など十分にお気をつけ下さい。

さて、我が家の近くまで光回線が来たようで、NT○の方から案内がありました。
以前一度乗り換えようと思った時は“圏外”だったのですが、
二度目の正直でADSLからの乗り換えをしようとドタバタやっております。
tri-発売直前のこの時期に通すとは・・・狙ってるのかと思いますが(笑)
これでネットワーク周りが多少快適になればいいな、と思って方々に電話したりなんだりやっております。
モンハンのネットワークモードもそうですが、せめて動画がもう少しスムーズに見られるようになると有難いですね。
(今までの回線だとtri-の公式PVでも通しで見れるようになるまで結構かかったりします(滅)

tri-の方もまたぼちぼちと情報が出てきておりますね。
最近知りました中では新フィールドと新モンスターであるところの“凍土”と“氷牙竜ベリオロス”、
この二つはいずれも実際に目にする時が非常に楽しみです。
足が滑ったりするエリアとかないのか・・・いや、さすがにそれはないですか(笑)

しかしベリオロスの牙、凄いですねー。絶滅しそうな雰囲気がぷんぷんします(爆)
ポポなんかの分厚い皮を裂いて肉を食べるのには良さそうですが・・・それにしても邪魔っぽいような。
ゲーム的に見た目のインパクトも大事というところなのでしょうか(笑)
動きはナルガに近そうな感じですが、彼の迅竜と同様に戦っていて楽しい相手となりますかどうか・・・
戦闘好きとしてはその辺りも大変気になるところです。
そういえばギアノスに相当するモンスターもやはり出てくるようで、
氷牙竜やそれらのモンスター素材からどのような寒冷地用装備を作る事が出来るのか、それも楽しみですね。

氷牙竜、その見つめる先は

思えば雪山というエリアは最初の頃は移動がめんどくさい、寒さが厳しすぎ・・・という事で、
あまり好きな狩場ではありませんでした。
しかし長く付き合っていくうちに、厳しい環境が生み出す壮絶な美(特にクシャル戦の吹雪は凄いと思っています)や、
その苛酷な環境の中でも逞しく生きているモンスターたちに魅せられ、
またP2シリーズでは最初に足を踏み入れる狩場という事もあって、徐々に好きな狩場になっていきました。

未知の寒冷地、凍土。
狩場、そしてそこに生きるモンスターたちが、遠く離れた雪山と同じように過酷で凶暴でありながら、
それでもなお狩人の心を惹きつけてやまないような存在として設定されているといいなと思います。


さて、それでは今回も短いのですがこの辺りで失礼を致します(ぺこり)

本日もどうぞ、良い狩りを。
スポンサーサイト
  1. 2009/07/17(金) 17:10:27|
  2. MH tri-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

著作権表示

当ブログにおけるゲーム画像、
及び『モンスターハンター』シリーズに
関わる事項の全ての著作権は
株式会社カプコンに帰属します。

『©CAPCOM All rights reserved.』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。