老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

歩みの果ては彼方にありて

ラームです(ぺこり)

今回は二つ前の記事で予告しましたように、
クエスト『武神闘宴』を自分が扱うスノウギア=ドライブの性能の限界点と定めた理由などを記して参ります。
もしかしなくても言い訳じみた文章になる事はうけあいですので(滅)、
そうしたものは見たくないという方は続き以降をご覧にならない方がよろしいかと思います。

[歩みの果ては彼方にありて]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2009/07/29(水) 18:00:20|
  2. 白鱗の銃槍と往く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13

水に泳ぎ、地を駆け、空を飛ぶものたち

ラームです(ぺこり)

そんなこんなで盛大な言い訳(爆)を執筆中なのですが、
そんな最中にとても良いものを見かけましたのでこちらに貼り付けておこうかと思います。

ちなみに「tri-のOPは製品版までガマン!」という方は閲覧されない方が吉です。
そうでないハンターの方には、むしろtri-への参入予定が無い場合でもぜひご覧頂きたいと思います。


モンスターハンターtri- オープニングムービー


[水に泳ぎ、地を駆け、空を飛ぶものたち]の続きを読む
  1. 2009/07/27(月) 12:44:34|
  2. MH tri-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

徒花、咲かず

相棒の性能を見極めたくて、半信半疑で歩き始めた道。
今、その限界点を望む場所に辿り着いた思いがします。


武神闘宴。

このクエストが、自分の用いるスノウギア=ドライブの限界点です。

[徒花、咲かず]の続きを読む
  1. 2009/07/26(日) 23:27:24|
  2. 白鱗の銃槍と往く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

銃槍記・『道を継ぐ』より

ラームです(ぺこり)

今回はずいぶん停滞してしまっております、『銃槍記』より一節をお送りします。


かつてほぼ偶然の産物として生まれ、銃槍には珍しく属性を付与されていた故に一定の評価を受けながら、
その形状と扱いにくさから敬遠される事も多かった異形の銃槍。

しかしこの銃槍が確かな『道』を拓く存在であった事が、
第二次発展期に武器職人達の手によって実証される事になります。

[銃槍記・『道を継ぐ』より]の続きを読む
  1. 2009/07/24(金) 14:12:44|
  2. 銃槍記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

姿重なる歌、もう一つ

ラームです(ぺこり)

自分がよくお邪魔するドンドルマの街の一角には、
新しい狩場が世に現れようとするこの時にあってもなお彼の地での狩りに意味を見出し、
力を傾ける人々が多くいらっしゃいます。


単独制覇の最難関・4本の角にそれぞれの独力を以て挑む双門。

見果てぬ支援の道の先を見つめる人。

街に訪れる多くの人に壁を作らずに接し、必要あらばいつでも、様々な手段を以てその歩みを援ける人。


ドンドルマの街と別れる時が迫り、その記念に騒ぐかのような軽々しさはそこには無く、
自身の道を築くための確かな一歩を刻むため、目の前にある事に挑む真摯さがまずあると自分は感じています。
またそれでいながら皆でその場、その時々の狩りを楽しむ事を決して忘れず・・・。

自分はこの街に、この人々に縁を得る事が叶った事を本当に幸いに思います。


今回はそんなドンドルマの狩人たちに感謝と尊敬の意を捧げつつ、
彼らの在り方を思い起こさせる、お気に入りの楽曲を一つ紹介させて頂こうかと思います。

[姿重なる歌、もう一つ]の続きを読む
  1. 2009/07/21(火) 22:28:52|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

雪山に思い出を、凍土に夢を

ラームです(ぺこり)

雨が降らなくなったと思ったら一気に暑くなってきました。
これは今年の夏も大変そうです・・・日中にお仕事の皆様はどうぞ、熱中症など十分にお気をつけ下さい。

さて、我が家の近くまで光回線が来たようで、NT○の方から案内がありました。
以前一度乗り換えようと思った時は“圏外”だったのですが、
二度目の正直でADSLからの乗り換えをしようとドタバタやっております。
tri-発売直前のこの時期に通すとは・・・狙ってるのかと思いますが(笑)
これでネットワーク周りが多少快適になればいいな、と思って方々に電話したりなんだりやっております。
モンハンのネットワークモードもそうですが、せめて動画がもう少しスムーズに見られるようになると有難いですね。
(今までの回線だとtri-の公式PVでも通しで見れるようになるまで結構かかったりします(滅)

tri-の方もまたぼちぼちと情報が出てきておりますね。
最近知りました中では新フィールドと新モンスターであるところの“凍土”と“氷牙竜ベリオロス”、
この二つはいずれも実際に目にする時が非常に楽しみです。
足が滑ったりするエリアとかないのか・・・いや、さすがにそれはないですか(笑)

しかしベリオロスの牙、凄いですねー。絶滅しそうな雰囲気がぷんぷんします(爆)
ポポなんかの分厚い皮を裂いて肉を食べるのには良さそうですが・・・それにしても邪魔っぽいような。
ゲーム的に見た目のインパクトも大事というところなのでしょうか(笑)
動きはナルガに近そうな感じですが、彼の迅竜と同様に戦っていて楽しい相手となりますかどうか・・・
戦闘好きとしてはその辺りも大変気になるところです。
そういえばギアノスに相当するモンスターもやはり出てくるようで、
氷牙竜やそれらのモンスター素材からどのような寒冷地用装備を作る事が出来るのか、それも楽しみですね。

氷牙竜、その見つめる先は

思えば雪山というエリアは最初の頃は移動がめんどくさい、寒さが厳しすぎ・・・という事で、
あまり好きな狩場ではありませんでした。
しかし長く付き合っていくうちに、厳しい環境が生み出す壮絶な美(特にクシャル戦の吹雪は凄いと思っています)や、
その苛酷な環境の中でも逞しく生きているモンスターたちに魅せられ、
またP2シリーズでは最初に足を踏み入れる狩場という事もあって、徐々に好きな狩場になっていきました。

未知の寒冷地、凍土。
狩場、そしてそこに生きるモンスターたちが、遠く離れた雪山と同じように過酷で凶暴でありながら、
それでもなお狩人の心を惹きつけてやまないような存在として設定されているといいなと思います。


さて、それでは今回も短いのですがこの辺りで失礼を致します(ぺこり)

本日もどうぞ、良い狩りを。
  1. 2009/07/17(金) 17:10:27|
  2. MH tri-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

ロードウォーカー

ラームです(ぺこり)

7月ももう半ばですか・・・早い早い。
仕事に追われたり、その反動でまったりとしているうちにあっという間に時間が過ぎてしまいました。
しかし一時期はtri-が出るまでにあれを済ませよう、これを済ませようと結構焦っていたのですが、
最近はどうもその辺り妙な余裕が出てきたといいますか、あまり気にせずに好きなように狩りに出向いています。
ブランクが出来て、まずは基礎固めを・・・という流れになったせいなのかもしれませんね。
何事も焦りが入ると普段はやらかさないようなミスをしでかしてしまったりするものなのでして、
この流れはもしやすると自分にとって良い事かも知れぬ、という事で今のところは流れに身を委ねております。

とはいえやるべき事を忘れてしまっては本末転倒。
ちょっとこの場を借りて自分が今進めている事をまとめておきましょう。


・教官への道

・銃槍記

・スノウギア=ドライブon武神闘宴


意外と少なかったという(爆)
『教官への道』と『銃槍記』はちょっと長く歩みを止めてしまっておりますね。

銃槍記はネタはどれほどでもあるのですが、納得のいく文にまとめられないのが現状の問題点です。
これは焦ってやるよりは、もう他の人の考え方や新しい狩場の武具の在りかたなどを参考にしつつ、
腰を据えて書いていこうかと思っています。
楽しみにして頂いている方には本当に申し訳なく思いますが、ここは一つじっくりとお待ち頂きたく思います(ぺこり)


教官への道もやろうやろうと思いつつ歩みが遅れておりますね;
1stキャラのLahmがスノウギア=ドライブで武神闘宴に挑もうとしているために身動きが取れないのも一因ですが・・・。
しかしこの挑戦はいざやってみると厳しいだけではなくてなかなか楽しい道でもありました。
新たに分身を作るなり、2ndのArmaに引き継がせるなりしまして自分が納得いくところまで進めたいなと思います。


そしてスノウギア=ドライブを用いた武神闘宴への挑戦ですが、こちらは文字通り果てが見えません。
ラージャンに辿り着く事すら珍しい有様(しかもどう見ても時間が足りていない)ですので、
正直このクエストがラームが用いるスノウギア=ドライブの限界点なのかとも思います。
ただ、自分自身を納得されられる立ち回りができているのかと言えばそうではないのでして、
それに辿り着くまでは挑戦をやめる事はないだろうと思います。さてさて、どこまで行けばいいのやら(笑)


先に少ないと書きましたが、こうしてみると自分にとっては密度の濃い「やる事」が残されているようです。
これがdosでどうしてもやっておかねばならない、とかでしたら今頃こんなにのんびりできていないでしょうね・・・(滅)
それ故に今になってdosでの目標を設定するような人が凄くカッコ良く見えたりします。(心当たりの方、ファイトです!)

ま・・・こちらは歳も歳ですし(笑)、慌てて走り出してうっかりと足を踏み外さないよう、
自分の道を見据えながら落ち着いて歩を進めて行こうかと思います。
もちろん落ち着きすぎて『やるべき時』を見逃さないように、未知の先、高みへの想いも忘れないように。


さて・・・自身の歩むべき道を確かめたところで、今回はこの辺りで失礼を致します(ぺこり)

今と言う時は、自身のこれからの歩き方を考えてみるには良い時期のように思えます。
メインとなる狩場を新天地に移す方も、開拓地にて未知を拓き続ける方も、はたまた今の狩場に踏みとどまる方も。
一つご自身の道、それとどのように付き合っていくかという事に想いを馳せられてみてはいかがでしょうか。

それでは本日もどうぞ、良い狩りを!
  1. 2009/07/14(火) 18:39:28|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

風は龍に届き、縁は人を繋ぐ

ラームです(ぺこり)

先日武神闘宴でボロ負けしてからP2Gでの狩りのカンを取り戻そうと狩場を駆け回っておりますが、
下位と上位、そしてGクラスを適度に交えた狩りがまた普通に楽しかったりしまして、
技術の回復・・・というよりは自分にとってのモンハンの楽しみを再発見していく日々になってしまっております。

また学生の頃から数年周期で熱が来るダンジョンRPGを、この時期になってまた少しずつ進めています。
(※ダンジョンRPG・・・『ウィザードリィ』に代表される、お話を自分の想像力で好きに組み立てるタイプのRPGです)
モンハンを知った後はずいぶん長い事触れておりませんでしたが、
ずいぶん時間をかけて設定を考えた(笑)PTメンバーの会話を想像しつつ迷宮の謎に挑んだり、
また単純に“力”を求めて修羅の如く戦闘を繰り返したりするのもやはり楽しいものです。

[風は龍に届き、縁は人を繋ぐ]の続きを読む
  1. 2009/07/10(金) 18:42:35|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

諸々、徒然

ラームです(ぺこり)

今回は雑記を思いつくままに。


【七夕】

今日は七夕ですね。(もうすぐ日が変わりそうですがw)
自分が住んでいる地域では梅雨の晴れ間のようで、天の恋人たちも無事に会う事ができそうです。
カササギたちも労働せずに済んで一安心、というところでしょうか(笑)

さて、七夕といえば短冊に願い事。皆様は何か星にかけるような願い事がおありでしょうか。
自分の場合は大きなところで自分に縁のある人々(ブログの関係で縁を得た人々を含めて)の平穏無事&無病息災。
スノウギアで武神闘宴突破したいとか、tri-が良い出来であってほしい・・・といった願いもあるのですが、
これらは人の努力が多分にモノを言う領域であるようですので、ここではより広域な願い事をしてみるとします(笑)

皆様がこれからも健康かつ楽しく、モンハンで狩猟生活を送れますように。


【スノウギアvs武神闘宴】

しばらくぶりに挑んでみたのですが、いや酷い出来でした(滅)
まずはガンランス運用時の対各モンスター戦のカンを取り戻さなければならないようです。
肝心のLahmはキッチンスキルがフィーバーの状態ですので身動きが取れないのですが、
こういう時には2ndキャラを進めておいて本当に良かったと思います。

・・・というところで、2ndのArmaはガンランスをあまり作っていない罠(爆)
やむなく銃槍の収集作業に精を出しております。まあ、色々とカンを戻すには丁度良いでしょうか。


【登竜門突破】

「クックたおしたよ!」

甥っ子がとうとうクックを突破したようで、大変興奮した様子の電話を受け取りました(笑)
もう多くのハンターにとっては非常に些細な事かもしれませんが、
彼が日に一時間程度しか触れる事が出来ず、その日も飛び飛びである事を考えれば自分は見事だと感じます。

しかしこうしてみるとP2Gにおいてモンスターの体力が低めに設定されているのも、
やはり悪くない仕様であるように思えますね。
腰を据えて狩猟に臨む事のできる据え置き機ならではの魅力ももちろん素晴らしいものですが、
こうして限られた時間でしか彼の世界に触れる事ができない人でも狩りの楽しみを十分に味わう事ができる、
というのは本当に素敵です。

何はともあれ、ついに登竜門を突破した若きハンター。
続いて登場してくる多くのモンスターたちと彼がどのように接していくのか楽しみです。
多くのハンターにとっては過去のものになろうとしている世界ですが、彼にとってはその広大な世界は開けたばかり。
思うままに自由に、そして何より楽しく、彼の世界を駆けて欲しいと心より願います。


さて、それでは今回はこの辺りで失礼を致します(ぺこり)

本日もどうぞ、良い狩りを。
  1. 2009/07/07(火) 23:57:48|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

渡来間近

ラームです(ぺこり)

すっかご無沙汰してしまいましたが、何とか生還いたしました。
いやー働いた働いた。これで心置きなく休暇を申請できるというものです。
そして気が付けばtri-の発売まであと一ヶ月を切り、つい先日に完成発表会も行なわれたのだとか・・・
なんだかちょっとタイムスリップした気分です。
どうせなら発売直前に修羅場明けとなってくれれば、いっそ良かったのかもしれませんが(爆)

全力で打ち上げ(お酒を呑みながらのモンハン)を終えて帰宅しましたらば、
いつの間にかtri-の公式サイトもリニューアルされたようでして、色々と閲覧できる項目が増えておりました。

新しく公開されたプロモーションをスゲースゲーと中学生のようにはしゃぎながら見ておりましたが(笑)、
そんな中で雪原地帯をのしのし歩くポポたちの姿には何とも言えぬ癒しを感じましたり。

変わるもの、変わらぬもの

新しいモンスターや武器も良いですが、こうして以前と変わらぬ姿を見せてくれるモンスターを見るとどこかほっとします。
また街の酒場のシーンでは“喧嘩師”さん用のリーゼントがないか必死に探したりと(爆)楽しい一時を過ごしました。

各武器種の操作方法もムービー付きで掲載されておりましたのでチェックチェック。
最も気になるのはやはり未知の武器たるスラッシュアックス。そしてその目玉となる属性解放突きの操作です。

ふむふむ、突きを出した後に連打連打でフィニッシュ!・・・


・・・ズィーガーなのか!?(爆死)

(一昔前の対戦格闘ゲーム『真・サムライスピリッツ』での自分の使用キャラクター。
 動画中にもある“ガントレットを前に突き出して炎を噴射する攻撃”がまさにその操作でしたw)



ガンランスの件でちょっとひがみも入っていたスラッシュアックスですが、だいぶ親近感が湧きました(爆)
モーションもカッコいいですし、ボウガンの仕様をチェックしたらぜひ手にとってみたいですね。
そういえばリロード操作もありますので、リロード武器縛りの方にも安心の仕様みたいですb


いよいよ間近に迫ってきた新天地。
未知多きその空気を肌で感じてみたい方でまだご覧になっていないという方は、
ぜひ公式サイトまで出向かれてみてはいかがでしょうか。何か得るものがあるのではないかな、と思います^^


さて、それでは今回はこの辺りで失礼を致します(ぺこり)

本日もどうぞ、良い狩りを^^
  1. 2009/07/04(土) 14:08:52|
  2. MH tri-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。