老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

道が見えないときは

ラームです(ぺこり)

今回はまず、数件頂いておりました拍手コメントへのお返事を。

--------------------------------------------------

>凱さん

お返事大変遅くなりました;(拍手着信のメールが埋もれてしまっておりました><)
夫婦ブログ様からのお越しという事で、コメントまで頂いて大変嬉しく思います。
今後も一つ御贔屓を頂ければ幸いです^^

モンハンは別段ややこしい事を考えずとも大変楽しいゲームでして、
自分も実のところそういう楽しみ方が大好きです(笑)
ただモンハンはそこからさらにもう一歩踏み込んだ楽しみ方ができるゲームでもあるようでして、
今のところ自分なりにそれを探しながら歩を進めておりますね。

こんなハンターになりたい。これはどうなっているのか。こんな狩りの仕方はどうだろうか。

そんな事を考えながらの狩りは本当に楽しいです(笑)
凱さんもぜひ、そういうご自分ならではのモンハンの楽しみ方を考えてみてください。
それはきっと今後の狩猟生活を豊かにしてくれるかと思います^^

もちろん、一心にモンスターに挑むような狩猟もまた確かな楽しみ方ではあるのです。
ひたすらに狩るか、あるいは様々な事に想いを巡らせるか、
はたまた時と場合によってそれらを使い分けていくのか。

凱さんの今後の歩みがさらに素敵なものになっていきますよう、心よりお祈りしております^^

--------------------------------------------------

>Dorminさん

やりたい事に関しては未だに多くありすぎて、逆に困ってしまうほどですねー。
ここにtri-が加わったらどうなるのか、と若干危惧の念を覚えないでもありません(爆)

しかし現状はなんとも更新の間が空きまして、本当に申し訳ありません。
合間を見て各記事の作成は進めておりますので、もう少々お時間を頂ければと思います。
ご期待に添える記事になりますよう、ますます精進して参ります^^

ちなみに甥は今閃光玉と音爆弾を一生懸命作っているようです。達成は近い……のかもしれませんw

--------------------------------------------------

拍手に合わせてコメントまで頂きまして、本当にありがとうございました(ぺこり)
また思い付かれた時にでも気軽に手を叩いて頂ければ、有難く思います^^



閑話休題。

先日仕事の隙を縫ってドンドルマに赴いた時の事です。
例によって酒場で飲んだくれながら居合わせた御二方と色々話をしておりましたが、
そこで不意に、自分は何をしにドンドルマに来ているのだろうか……という思いに囚われました。
御二方は今のドンドルマにおいてもそれぞれ自分の目標を明確に持っておられる方々でして、
その狩りの仕様やお言葉は本当に生き生きとしています。

対して自分には、その明確な目標が無いように思える。
ガンランスについてもdosにおいてはその性能をどこか諦めてしまっている自分がいまして、
積極的にソロであれをしてみよう、これを頑張ってみようという気にならないでいます。
(dosにおけるその辺りの情熱は、ヘビィでの四本角突破に全て傾けてしまった気がします;)
もちろん漫然とクエストに赴いているわけではなく、
その都度PTにおけるガンランスの立ち回り方を、より良いものにしていけるように心がけてはおります。
しかし例えばP2Gにおけるスノウギア=ドライブの性能の限界を知りたいと思うような“筋”が無いのですね。
それを強く感じて、思わずため息が出てしまいました。


その一方で、ドンドルマでの狩猟に自分がまず求めるものはそういうものではないのかも……と思ってもいます。

童顔流の人々、喧嘩師さん、老砲双門、彼の街に訪れる様々な狩人。

ハンターとしての確かな『道』を持つそれらの人々とまみえ、並び歩く事で得られる事のなんと多い事か。
それは単に狩りの技術に留まらず、『モンスターハンター』についての考え方や楽しみ方、
オンラインという場でどう在るべきかという事などにも及びます。

他の人と関わる事ではじめて得られるもの。
それらを得て、自分のハンターとしての『道』をより確かなものにしていく。
あるいはそれこそが自分のドンドルマの地における最たる“目標”なのかもしれません。
(どうも目標と言ってしまうには大まかすぎるような気もしますが……)


ま……何と言ってもPT狩猟や街での会話が本当に楽しいのではあります(笑)
今はただそれに身を任せて狩りに励むのも良いかもしれないと思いますし、
先に諦めていると述べたガンランスに関しても、PT狩猟の中でまたその可能性を感じてもいます。
ひょっとしたらこの先、また何か具体的な目標をdosで持つ時が来るかもしれません。

最新作を前にして自分の在り方で悩むとは我ながら頼りない事です。
でも思えば最初は本当にただただ狩りが楽しい、それだけでした。
そうしてひたすらに歩を進める中で、少しずつ自分の『道』らしきものが形になっていったように思います。

自分が進むべき『道』を慌てて決めつけてしまう事はない。
可能な限りそれぞれの狩場で、その時々に悔いのないように臨んでいけば自ずと見えてくるものもあるのではないか。

そう信じて、ここは一つ落ち着いてドンドルマでの狩猟生活も楽しんでいこうと思います。


さて、それでは今回はこの辺りで失礼を致します(ぺこり)

本日もどうぞ、良い狩りを^^
スポンサーサイト
  1. 2009/05/21(木) 18:41:13|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

著作権表示

当ブログにおけるゲーム画像、
及び『モンスターハンター』シリーズに
関わる事項の全ての著作権は
株式会社カプコンに帰属します。

『©CAPCOM All rights reserved.』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。