老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ブラインド・ハンティング

ラームです(ぺこり)

自分は最近スノウギア=ドライブや黒風を担いで狩猟に出かける時、オプションでコックピット表示をOFFにしております。

時計・体力&スタミナゲージ・切れ味・残弾数・地図・選択アイテム。
それらが無い画面はいささか寂しくもありますが、しかしながらそれ以上に大きな開放感を感じさせますね。


いつもはすぐ確認できる情報。それらがすぐに見れないのは実に不便です。

攻撃を受けてもダメージが正確に把握できないし、
切れ味や残弾もしっかり気をつけていなければ低下していたり、弾倉に残弾が無い事に気がつかない。

でもそれ故に、この方式でクエストに愛用の武器で挑む時に得られるものは実に大きいと思っています。
そんな情報の見えないクエストに繰り返し挑むうち、それが『当たり前』になってきたらしめたものです。


この防具であの攻撃を受けたから、このくらいのダメージだろう。

もうそろそろ切れ味が落ちる。

今○発撃ったから、弾倉にはあと○発残っている。


そういう狩猟に必要な情報を、視覚で捉えるのではなく感覚で捉える。
これが慣れるに従い実に面白くなっていきますし、通常の狩りでも強みになるように思います。
武器をとっかえひっかえやると混乱が大きいのであまりお勧めは出来ませんが、
愛用の「これ!」という一本で挑み続けると、だんだん武器が自分に馴染んでくるような感じを覚えますね。
特にボウガンで一度も空撃ちせずにクエストクリアできるようになってくると、本当に気持ち良いです(笑)



多くの情報を見ながらの「いつもの狩り」も良いものですが、
新鮮な気分で狩りをしてみたい、あるいは愛用の武器をより使いこなしてみたいという時、
こういう情報を肌で感じるような狩りを楽しんでみるのもよいのではないでしょうか。
自分もこのやり方では今はまだG級の入口くらいまでしか踏み込めていませんが(笑)、
慣れていきながらいつかは最難度クラスのクエストにも挑戦してみようかな、と思っております。


さて、それでは今回は少し短いですがこの辺りで失礼を致します(ぺこり)

本日もどうぞ、良い狩りを^^
スポンサーサイト
  1. 2009/05/11(月) 21:46:45|
  2. MH P2ndG
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。