老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

険悪な同窓会

ラームです(ぺこり)

『Dragon Jet Storm』様方でSasamingさんがガンランスでテオに挑まれている記事を拝見し、
よくもまあこの組み合わせで頑張られるものだ……と感心させられておりました。(皮肉でも何でもなく、普通にです(笑)

ガンランスと炎王(妃)龍は共にdosから登場した、いわば同窓生のようなものです。
しかしその相性は最悪と言っても過言ではない(テオ・ナナ→ガンランスの一方通行ですが)と思っています。

その機動力は一つ一つのアクションが機敏とは言えないガンランサーを置いてけぼりにし、
打点が不明(笑)な粉塵爆破やネコパンチはガード方向を見誤らせ、
ご自慢の炎の障壁は張り付いての近距離戦を旨とするガンランサーの体力をガリガリと削ります。
さらにP2シリーズになるとガードしてもノックバックさせられる攻撃が増えており、もうどうしようもない感じです(滅)

ですがこのところようやくP2Gでの狩りも本調子に戻ってきたような感じで、
本格的なリハビリというわけではないのですが、こういう相性の悪い相手に挑んでみるのも良いかなと思い立ちます。
それがまさかあのような事になろうとは……(滅)

今回はガンランスで上位炎妃龍に挑んだ、その一戦の顛末をお送りしようかと思います。

[険悪な同窓会]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2008/12/07(日) 17:29:55|
  2. MH P2ndG
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

著作権表示

当ブログにおけるゲーム画像、
及び『モンスターハンター』シリーズに
関わる事項の全ての著作権は
株式会社カプコンに帰属します。

『©CAPCOM All rights reserved.』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。