老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

烈士暮年、壮心已まず

ラームです(ぺこり)

2008年もあと少しで旧年ですね。長いような短いような、そんな一年でありました。
モンハンでもリアルでも様々な事がありましたが、自分が得られたものもそれだけ多かったと思っています。

モンハンに限って言うならば、特に充実した一年でした。
P2Gの発売、dosへのスポット復帰による様々な狩人との出会い。
そしてまた、魅力溢れる狩人の狩猟録を拝見する機会も増えました。
気分が沈むような出来事も無かった訳ではありませんが、総括して良い一年であったと感じています。

来年はWii版MHGの発売が決まり、また最新作のtri-も年内の登場が期待されているようです。
今年あれだけのヒットとなったポータブルシリーズもこのままシリーズが打ち切られる事は考えにくいですし、
フロンティアにおいては独自の路線でハンターに楽しみを提供する計画が示されています。

リアルの世情ではあまり良い風が吹いていないようですが、
それでもハンター達がまだ見ぬ行く先に期待を抱けるような、
良い雰囲気の風も(その方向がはっきりと定まらないのが、やや気掛かりではありますが)また吹いているようです。

それにしても、今年も本当に多くの方に活力を頂きました。
2008年という年は、これから先も自分が狩猟生活を続けていくに当たって大きな意味を持つ年になった、
少々大げさではありますがそのような気がしています。


と……それでは年の暮れの挨拶を、
帰省などの都合で数日間、更新や頂いたコメントへの返信ができなくなりそうですので今日のうちに申し上げます。


ご覧頂いている皆様へ。

今年も一年間、本当にお疲れ様でした!
そして文面堅苦しい当ブログにお付き合いくださり、本当にありがとうございます(ぺこり)
技量・気力など様々な意味で老兵と化しつつある自分ですが、
それでも一人のハンターとして皆様と共に『モンスターハンター』を楽しむ心は決して衰えてはいないつもりです(笑)
来年も同様に『モンスターハンター』と自分なりの付き合いをしていこうと思っていますので、
もし宜しければどうぞお付き合いの程をお願い致します。

願わくば、来年が全ての狩りを楽しむ人たちにとって、より素晴らしい狩りを体験できる年となりますように。

良い狩りを!

それではどうぞ、年末年始も良い狩りを!
スポンサーサイト
  1. 2008/12/30(火) 14:22:40|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

共に狩場を往くモノたち・クイーンブラスター

ラームです(ぺこり)

もう仕事納めが済んだ方もいらっしゃるのでしょうね……なんとも羨ましい事です。
当方は奇跡的に大晦日と元旦にお休みが取れたのですが、それ以外は仕事漬けとなる予定です;;

さて、それでは久しぶりに「狩場を共に往くモノたち」をお送りします。
今回は先日の雑記に記したお気に入りの弓、リオレイアの素材を用いた『クイーンブラスター』について記そうと思います。

[共に狩場を往くモノたち・クイーンブラスター]の続きを読む
  1. 2008/12/28(日) 14:32:37|
  2. 共に狩場を往くモノたち
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

オトモに学ぶ

ラームです(ぺこり)

今日の仕事明けは久々に「一狩りいこうぜ」という事になりまして、
皆疲れてはおりましたが狩りにも飢えていたらしく(笑)、わいわいと楽しんで参りました。

その狩猟の最中、少し前から思い描いていた戦術(と言うには大仰ですが)を思い出したので実行してみる事に。
戦術の素の効果を確かめてみたかったので、同行者である相方と同僚には何も伝えずに下準備をします。

まず選んだ武器は戦友・カンタロスガン。
自分がガンを持ち出すのは珍しい事ではないので、ここは普段と変わりありません。
いつもと少し違うのはポーチの中身で、LV2麻痺弾の調合材料を一式持ち込んで来ています。
しかしこれとていわゆる「麻痺ガン」をやるのには当たり前の持ち物ではありますね。

今回自分がもう一味変化を加えたのは、そのLV2麻痺弾で狙う対象でした。

[オトモに学ぶ]の続きを読む
  1. 2008/12/26(金) 11:06:36|
  2. MH P2ndG
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

モロモロコシ

ラームです(ぺこり)

今年も残すところ一週間程度となりました。
皆様は来年に向けての準備などお済みでしょうか。
自分は大掃除がまだですね……大掃除休暇とかもらえないものかと真剣に思います。
(いや、もらえたところでモンハンをやりそうなのですが(爆)

さて、今回は雑感をつらつらと記します。



・弓

弓にちょっとハマっています。
連射・拡散・貫通弓と色々使っていますが、中でも拡散弓にお気に入りが出来たおかげで中々に楽しいです。
今は拡散弓が自分にとって一番使いやすいタイプだと感じていますが、
dosの頃は一番使いにくいと思っていました。我ながら影響を受けやすい性質だと思います(笑)

お気に入りの拡散弓については、また後日記す事にしようかと思います。



・ガンランス

立ち回り……と言いますか、運用に悩んでいます。特にdos。
現状、PT戦における確たる指針を持たずに立ち回ってしまっています。
要するにただ暴れてしまっているだけ、という感じですね。
これが大剣や双剣のように非常に高い攻撃性能を持つ武器種であればまだ問題ないのでしょうけれども……。
しかも相変わらず味方を砲撃や竜撃砲で吹き飛ばしてしまっています。これだけは本当にいけません。
以前自分で立てた指針を再び見直し、もっともっと精進を重ねなければ。

そのためにドンドルマに行くための時間がもっともっと欲しいですorz



・爆釣

密林の採取ツアーで物資を補給しつつ、サシミウオを釣りまくっています。
ここ数日は休憩時間も短いので、このくらいしか行けないという事でもありますが(死)

サシミウオはキッチンアイルーたちがよく要求してくる割に買う事はできず、数が不足しがちです。
といって無視してしまうには彼(彼女)たちにはお世話になっていますし、
これとマタタビが一番喜んでくれそうな気がするんですよね……。
アイルーたちにご褒美でもあげられるシステムもあればなぁと思いつつ、
飛竜たちの水飲み場で今日も釣り糸をたらすのでした。

今はマカルパ胴に倍加倍加の装備ですが、いずれもう少し外見も考えてみましょうか(笑)



・あったかプーギー

これが最後のダウンロード更新となるのでしょうか。
P2Gでプーギーの服『マフモフウォーマー』が特典として追加されています。

名前の通りマフモフのプーギーバージョンで、非常に暖かそうです。
いつも雪山なのに寒いだろうなぁ……と思っていましたので、これはありがたい。さっそく着替えさせておきました(笑)

ぬくぬく

もう更新もないだろう、という事でまだチェックされていらっしゃらなかった方はぜひ。

……といいますか、P2シリーズのプーギー服のデフォルトはこれで良かったんじゃないかと思わなくも(爆)



さて、とりとめのない記事の上に短くて申し訳ありませんが、
なんと自分はこれから仕事の時間ですので、今回はこの辺りで失礼致します(ぺこり)

それでは皆様もどうぞ、良い狩りを^^
  1. 2008/12/25(木) 20:33:23|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

狩り済ます?

ラームです(ぺこり)

この所PSP本体の調子が悪く(カバーが開いた状態になりやすい等)、戦々恐々としつつ狩りに出かけておりました。
世の中はすでに自分が愛用しているPSP-1000の2ndバージョン、PSP-2000を通り越してPSP-3000の時代。
買い直しには時期的にも良さそうな感じですが、気軽に本体を買えるような余裕のある生活もしていない自分(滅)
どうしようか……と思っていましたら、思いがけず救いの手が差し伸べられました。

仕事の都合でしばらくの間かなりの遠方に旅立つ事になる友人が、
こちらから送った餞別のお返しにと、最新型のPSP-3000を市場価格よりずいぶん格安で譲ってくれたのです。
(滞在先ではPSPの充電ができないので、それならばいっそよく使う人に……という事のようです)
タダでないあたりはちょっと大人のサンタさんでしたが(笑)それでもこちらは大助かり。
まずは今まで頑張ってくれたPSP-1000を、感謝の念を込めつつ箱にしまい込みます。
まだ十分に動いてはくれるので、非常時やモンハンを勧めたい人がいればまた現役復帰をお願いするかもしれません。

さて、いよいよPSP-3000の出番です。P2GのUMD、メモリースティック共に移行して使いでを試してみる事に。
手に持った感触は、本当にPSP-1000に比べると随分軽い感じがします。
PS2のコントローラに慣れた後にSFCのそれを持つような感じでしょうか(笑)
本体自体も微妙に小型化しているようなので、若干操作に違和感を感じます。
慣れるまではギリギリの狩猟に挑むのはやめておいた方が賢明かもしれません。

三千の画質

画質の方は、色がより鮮やかに映るようになっているのが分かります。
(といって、デジカメで撮る分にはさほど変わらないのが残念ですが……)
樹海や密林などは若干目がくらむほどでした(爆)。これにもいずれは慣れていくのでしょうけれども。

一通りPSP-1000との違いを確認しましたら、
今度は完全に自腹で買ってきたAVケーブルでテレビへの出力を試してみる事に。
PSP-2000ではD端子があるテレビでないとできなかった事ですが、
PSP-3000だとビデオ端子さえあれば可能になっています。

……おお、映った映ったー!(子供か)
しかしもちろん拡大はされていますが、画面はやはり少々小さく感じてしまいますね。
モンハンだと文字が注意して見ないと読めないレベルで、もう少し大きく表示されればいいのにと思いました。
D端子の方で表示できればもう少し見やすいのでしょうね。うーむ、テレビも買い直し時なのか……(滅)

ともあれ、これでまたしばらくは安心してモンハンが楽しめる事は間違いなさそうです。
年明け早々に旅立つサンタさんに感謝しつつ狩猟に励んでいこうと思います。


それでは今回は短いですが、この辺りで失礼を致します(ぺこり)

本日もどうぞ、良い狩りを^^
  1. 2008/12/24(水) 17:00:39|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

防人の唄は遠く

ラームです(ぺこり)

いきなりですが、今回はちょっと愚痴をこぼします(滅)
と言いましても昨日今日で感じた事ではなくて、前々から思っていた事ではあるのですが……。

ここをご覧になられている皆様は狩りに出かけた時、
不本意ながらモンスターの攻撃で力尽きてしまった事がおそらく数え切れないほど(爆)あると思います。

その原因、ハンターが受けるダメージと防御力について所感を記そうと思います。

[防人の唄は遠く]の続きを読む
  1. 2008/12/21(日) 21:06:19|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

跳ね攻める!

ラームです(ぺこり)

先日スノウギア=ドライブでのGクラス祖龍討伐に成功した記録を記しましたが、
実はこの取り組みが達成できたら、スノウギア=ドライブのための新しい装備セットを一式揃えようと決めていました。
何故すぐ作らずに保留付きだったかと言えば、発動するスキル群が常用するには少し難がありそうだと思えたからです。

しかし挑戦は思ったよりも随分早く達成の時を迎えます。
正直心の準備(笑)がまだだったのですが、ご褒美の意味も兼ねて装備を整える事になりました。
今回は最近よく用いている、この装備セットを紹介させて頂きたいと思います。

[跳ね攻める!]の続きを読む
  1. 2008/12/19(金) 16:51:00|
  2. MH P2ndG
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

眼差しは鋭く、魂は熱く

ラームです(ぺこり)

今現在、『モンスターハンター』という狩場では多くの狩人が様々な“道”を歩んでいます。
脇目を一切ふらず、己の“道”を突き詰めて行く事もまた一つの“道”でありましょう。
しかし他の狩人と互いの“道”を見比べ、自らの“道”には無かったものを得ていく。
その事を自分は非常に有益な事だと思っていますし、『モンスターハンター』の醍醐味の一つであると感じています。

今回は自分がその道行きを常々拝見している狩人たちの、
その歩みの中から最近特に印象に残った一篇への道筋と、それについての簡単な感想を記そうと思います。



『おっとっと、通り過ぎた』 ヘヴィな狩り/じゅんじゅん様

 P2Gにおいてヴォルガノス戦に臨む多くのハンターを悩ませ、エリア際でのハメに走らせる怒り時のターン這いずり。
 この厄介な攻撃を回避距離UPスキルを用いずに攻略するべく記された記録です。

 自分もこの記録を拝見した後にさっそくヴォルガノスにノースキル・ハメ無しで挑んでみたのですが、効果覿面。
 これまで回避成功率は大体4割程度だったのですが、ほぼ確実に回避できるようになりました。
 それにしてもああいうカラクリがあったとは……対ヴォルガノス戦術もついに確立されたな、という思いです。

 まるで栄養食品の宣伝のようですが(笑)、少なくとも自分にとっては非常に有益な記録でありました。
 自身とヘビィの素の力で溶岩竜を下したい、でもどうにもならない……という方はぜひお試しあれ。

 今回は一篇のみをご紹介しましたが、もちろん他の記事も見応え十分です。
 自身が手にする武器への熱い想いと、モンスターに対する的確な観察眼によって紡がれる『ヘヴィ』な狩猟録。
 一見ならず常見の価値があると思います。



余談ではありますが、管理人のじゅんじゅんさんは『村に帰って、机に着いて』様の対ヴォルガノス記事を読み、
本格的に今回の攻略に取り組まれたとの事。
一人の狩人の挑戦が、また別の狩人の狩魂にも火を着ける。こういう清々しい連鎖って、素敵だなと思います^^

それでは短くなってしまいましたが、今回はこの辺りで失礼致します(ぺこり)
皆様もどうぞ、良い狩りを^^
  1. 2008/12/17(水) 20:31:30|
  2. MH P2ndG
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

門阪学園

ラームです(ぺこり)

気忙しい師走の風が本格的に身に沁みる時期になってきましたが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。
こちらも多分に漏れず、年末年始に向けて慌しい日々を送っております。
この時期は忙しいものという風潮をたてに、余分に働かされている気がしなくもありませんが……(滅)

さてさて、閑話休題。
今回は狩りそのものから少し離れて、妄想を多分に含んだ記事を記そうかと思います。

狩場を跋扈するモンスターたちはハンターにとって恐るべき敵手でありながら、
その身を以てハンターたちを更なる高みへと導いていく事から時に『先生』と称されます。
イャンクックなどはその代表的な例ですね。

そこで、もしモンスターたちがこちらの世界において学校の先生であったなら、
どのような感じの教え方をする人々であろうか……という妄想を記してみようと思います。
ちなみにもうお分かりかと思いますが、今回の記事は擬人化の要素を含んでおりますので、
そういうものが苦手な方は折りたたみ先をご覧にならないほうが宜しいかと思います。

そういうものも大丈夫で、妄想にお付き合い頂ける方はどうぞお進み下さいませ。

[門阪学園]の続きを読む
  1. 2008/12/15(月) 16:24:28|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

老兵の旅立ち

ラームです(ぺこり)

このところはなんだかモンハンに対する活力を頂く機会が非常に多く、ホクホクしているところです(笑)
溜めたエネルギーは達成に難儀をするようなクエストに用いるのが有効な使い道。
頂いた活力を何にぶつけるかを思案した末に、久しぶりに我が相棒スノウギア=ドライブを持ち出す事になりました。

挑む相手はG級において未だスノウギア=ドライブで唯一土をつけていない超巨大モンスター、
“祖龍”ことミラボレアス亜種です。

[老兵の旅立ち]の続きを読む
  1. 2008/12/11(木) 20:40:26|
  2. 白鱗の銃槍と往く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

交わる道の思い出

ラームです(ぺこり)

つい先日、ドンドルマで自分にとって非常に忘れがたい狩猟に巡り会う機会がありました。
今回はその狩猟について記したいと思います。

[交わる道の思い出]の続きを読む
  1. 2008/12/10(水) 16:20:26|
  2. MH dos
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

険悪な同窓会

ラームです(ぺこり)

『Dragon Jet Storm』様方でSasamingさんがガンランスでテオに挑まれている記事を拝見し、
よくもまあこの組み合わせで頑張られるものだ……と感心させられておりました。(皮肉でも何でもなく、普通にです(笑)

ガンランスと炎王(妃)龍は共にdosから登場した、いわば同窓生のようなものです。
しかしその相性は最悪と言っても過言ではない(テオ・ナナ→ガンランスの一方通行ですが)と思っています。

その機動力は一つ一つのアクションが機敏とは言えないガンランサーを置いてけぼりにし、
打点が不明(笑)な粉塵爆破やネコパンチはガード方向を見誤らせ、
ご自慢の炎の障壁は張り付いての近距離戦を旨とするガンランサーの体力をガリガリと削ります。
さらにP2シリーズになるとガードしてもノックバックさせられる攻撃が増えており、もうどうしようもない感じです(滅)

ですがこのところようやくP2Gでの狩りも本調子に戻ってきたような感じで、
本格的なリハビリというわけではないのですが、こういう相性の悪い相手に挑んでみるのも良いかなと思い立ちます。
それがまさかあのような事になろうとは……(滅)

今回はガンランスで上位炎妃龍に挑んだ、その一戦の顛末をお送りしようかと思います。

[険悪な同窓会]の続きを読む
  1. 2008/12/07(日) 17:29:55|
  2. MH P2ndG
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

Raven's memory

ラームです(ぺこり)
先にお断りしておきますが、今回はモンハンとあまり関わりのない話をさせて頂きます。どうぞご容赦くださいませ(滅)

先日、いつも拝見している『捨駒南爪と素敵な弾丸生活』様で、
管理人のりむさんが「アーマード・コア」というゲームの歴史と、シリーズごとに雑感を記しておられました。
自分も以前記しましたように同シリーズを結構熱中して遊んでおりまして、
記事を読んで懐かしく思うのと同時に、当時の自分はどのような遊び方をしていたのか振り返ってみたくなりました。

モンハンより前に自分がどうやらゲームに“道”というものを見出していたような気がする作品、アーマード・コア。
すでに途絶えた道ではありますが、意外と今の自分が歩いている道に通じるものがあるかもしれません。
それでは第一作から、自分のレイヴンとしての記憶を回想していってみようと思います。

(なお、それぞれの作品の概要などはりむさんの記事の方が詳しいので、そちらを参照頂ければと思います)

[Raven's memory]の続きを読む
  1. 2008/12/06(土) 16:54:21|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

暖かな風そよぐ地へ

ラームです(ぺこり)

狩人の道標(リンク)の追加に手をつけているのですが、
道筋を記しておきたい場所が多くなりすぎて意外に手間取っています(爆)
先方からはすでにこちらへの道筋を記していただいている場所もありますので(本当にありがとうございます)、
早くなんとかしたいところですが……。

しかし先方について一言記そうと思って記事を拝見していると、
モンハンがやりたくなって記事の方を中断してしまうという不具合が(爆)
いずれもそれだけ魅力的な場所である、という事なのですが(笑)


さて、ここ二日ほどは良い時間に空きがありましたので、ドンドルマに出向いておりました。
例によってフレンドリストが点灯している場所へ蛾のように(笑)ふらふら飛んでいったのですが、
10人越えで街門から先に進めなかったりした事も。
これはなんという全盛期……入れない残念さよりも、何となく嬉しさが先に立つような気がします(笑)

守衛の兵士に袖の下を握らせて、何とか街へ滑りこみます。
随分間が空いたにもかかわらず快く迎え入れて頂いて、有難い限りです。

で、ドンドルマに来たからにはまずは一狩り!と狩場に出向くわけなのですが……。
うーむ、やはりマズい事になっています。自分の腕が(滅)

攻撃を外しまくったり避け損ないまくったり……というのは無かったのですが、
思考がP2Gの仕様に適応してしまっているため、そこここでリズムを外した行動をしてしまい、
画面中の分身とのシンクロが思うように取れない事が少なからずありました。

複数のシリーズを同時に触っている以上は仕方のない事なのかもしれませんが、
他の方と一緒に狩りをする以上はしっかりと立ち回りたいですし、悩ましいです。
PシリーズとFなど、複数の狩場を股にかけて活躍しておられる皆様はどのようにバランスを取っておられるのでしょうか;

しかし、そんな多少の違和感はPTやチャットの楽しさが吹き飛ばしてくれるのも事実です(笑)
ザザミ二頭を爆弾を抱えたガンランス×3と睡眠ランスで囲んで焼き蟹にしたり、
リーゼント組で衣装を揃え(自分はシルバー担当でした(笑)たりと二夜とも実に楽しい一時でした。

爆撃槍陣

何人かの方と狩りをご一緒できなかったのが心残りでしたが、また機会も縁もあるだろうと思いつつ村への帰途へ。
ラストになったヤマツ戦からの心地良い眠気に身を任せて、ぐっすりと眠る事が出来ました。

今日からはまた何日か仕事の都合で良い時間に上がれないのですが、ドンドルマへはまた必ず足を運ぼうと思います。
それまではdosの環境でも十全に立ち回れるよう、密かに腕を磨いておきましょうか……。


と……それでは今回は短くて申し訳ないのですが、この辺りで失礼を致します(ぺこり)

皆様もどうぞ、良い狩りを^^
  1. 2008/12/05(金) 16:59:51|
  2. MH dos
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

緑風を思う、ある老兵の呟き

ラームです(ぺこり)

モンハンとどこまで付き合っていくのだろう、と考えた事があります。
それはこのブログを立ち上げる前にも、立ち上げた後になっても何度も考えている事です。

モンスターハンターは自分にとって大きな魅力を持つゲームであり、
今や趣味と言っても過言ではないほどのめり込み、時間を費やしています。
ですが、熱中できるものの常として、ある時突然それに飽きてしまうかもしれない。
そうでなくても、何らかの原因でモンハンに対するモチベーションを失ってしまう事があるかもしれない。

新作が次々と世に送り出される今はともかくとして、
それがなくなって例えば自分が遊べるモンスターハンターがdosだけになった時。
今現在のモンハンに対する情熱を自分は維持できるのか。

実に情けないのですが、それが自分でも分からない。
一生モンハンをやっていたいと思っているのですが、それを確信できないのです。

[緑風を思う、ある老兵の呟き]の続きを読む
  1. 2008/12/02(火) 19:52:07|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

著作権表示

当ブログにおけるゲーム画像、
及び『モンスターハンター』シリーズに
関わる事項の全ての著作権は
株式会社カプコンに帰属します。

『©CAPCOM All rights reserved.』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。