老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ベスト・スキル

ラームです(ぺこり)

体調の方はほぼ回復しまして、快気祝いという事でさっそく狩猟に出かけたりしております。
と、いっても病み上がりという事で下位レイアなどですが……(笑)

さて、先日の事。体調がまだすぐれなかった時に相方と双剣についてちょっと話をしてきました。
そのお題は『P2Gの双剣でクエストに挑む時、一つだけスキルを発動させられるとしたら何を使う?』です。
要は双剣を使う時のベストスキルは?という事ですね。


まず、自分の答えは『心眼』でした。

双剣は暴風の如き連続攻撃が光る武器ですが、初撃や途中の攻撃で弾かれてしまってはあまり意味を為しません。
鬼人化して乱舞を使えばいいのでしょうけれども、
自分の場合は特定の技の隙が大きくなり、切り込み技である切り払いが咄嗟に出せないのをもどかしく感じてしまいます。

咆哮に関してはP2Gではほとんどのモンスターが耳栓無しでも対応できるようになっていますし、
低下しやすい切れ味も非常に優れた切れ味を持つ武器群の登場で緩和されているように思います。

結局のところ、自分の攻撃リズムを邪魔されない、自分が気持ち良く立ち回るためのスキルを優先した感じです。


対して、相方の答えは『ランナー』でした。
ちなみに最初は『マカツボ』と言っていました……アイテムですし、P2Gにありませんがな(爆)
(↑dosではマカ漬けのツボに回復薬グレートを仕込んで二段階待つと、強走薬グレートができるためです)

鬼人化して突入し、スタミナの許す限り貼り付いて主に乱舞で攻撃する相方らしいチョイスです。
自分は一回連撃を入れると(もしくは相手の動きを見て途中で)転がって間合を取る立ち回りをしますので、
双剣を使っていてもあまりランナーを必要と感じた事は無く、最近はスッパリ外してしまっています。
と、もちろん大きなチャンスの時には鬼人化しての乱舞も使います。念のため(笑)

相方が用いる、このスタイルは強力かつ有効です。
ほぼ常時スーパーアーマーという事で仲間の剣士もアタックをかけやすいですし、何より攻撃力がダンチ(古)ですね。

相方のスタイルを強走効果に任せて乱舞を乱発する、本格の在り方ではないと思われる方もいらっしゃるかもしれません。
ですがこれは相方が様々な試行を重ねた上で、最も双剣を有効に使いこなせると判断した結果です。
(MHGの頃は、今現在の自分と同じようなスタイルで戦っていました)
例え“虐殺”と呼ばれるような戦法に用いられるような戦術でも、
それが自分や仲間にとって有益なものであれば貪欲に取りいれ、誰に憚る事も無く実行する。
これはなかなか骨のあるスタイルではないでしょうか。
実際のところ動きの素早いテオやドドのパンチをひらひらとすり抜けながら、
隙が大きいはずの乱舞をバシバシと叩き込む相方は尊敬に値すると常々思っています(笑)


……と、ちょっと話が逸れてしまいました。

昨今はスキルの組み合わせも自由度が広がり、多くの有益なスキルを発動させて狩猟に挑む事も可能となっています。
しかし時にはこのように『この武器を使う時のベストスキル』というものを改めて考えてみるのもなかなか面白いです(笑)
意外とそういうところから自分の良い癖悪い癖、あるいは自分でも気付いていなかった拘りが見えてくるかもしれません。


さて、それでは今回はこの辺りで失礼致します(ぺこり)

皆様もどうぞ、良い狩りを^^
スポンサーサイト
  1. 2008/11/21(金) 17:23:38|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。