老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

読みかたしらず

ラームです(ぺこり)

いやぁ、堪能しました……(スッキリ)
昨夜は久々に仲間たちと集まって狩りに出かけたりもしまして、少し狩猟勘が戻ってきたようです。

さて、モンハンにはご存知の通り、様々な素材が存在しております。

怪鳥の鱗、電撃袋、火竜の紅玉……。

見ての通り、その名前のほとんどに漢字が使用されていますね。
皆様はそれらの「読み方」を正確に把握していらっしゃるでしょうか?

公式ガイドブックには正確な読み方が載っておりますので、調べようと思えば調べられるものです。
しかし最初に直感で読んだ読み方を引きずってしまい、
集団狩猟やモンハンについて談ずる場で思わぬ恥をかいてしまう……という事もあるのではないでしょうか。

今回は自分や狩猟仲間のそういった「思い込み」の中から、特に印象深かったものをいくつか挙げてみようと思います。


・『そりゅうのあつしろうろこ』(祖龍の厚白鱗) 発言者:相方

 Gクラス祖龍からとれる厚白鱗の事です。
 「そりゅうのあつしろうろこ」欲しいんだよねー、と言われた時に思わず聞き返してしまいました。
 これは公式ガイドブックにも載っておりませんので正確な読み方は不明なのですが、
 他の素材の読み方から察するに『そりゅうのこうはくりん』ではないのかと……一文字もあってませんな。

 と言いますか間違うにしても『あつしろうろこ』は無いと思うのですが、いかがでしょう(爆)


・『じんりゅうのごうくろげ』(迅竜の豪黒毛) 発言者:同僚

 気持ちは分かりますが正解は『じんりゅうのごうこくもう』です。
 しかしGクラスの素材はこういう感じで無理矢理に上級感を出したようなネーミングの素材が多いので、
 間違うのも無理はないかと言う感じがするにはするのですが……。
 それでも“○○種の××Ⅲ”よりは良いかな、とは思いますが(笑)


・『しんじゅいろのやわがわ』(真珠色の柔皮) 発言者:ラーム

 正解は『しんじゅいろのじゅうひ』ですね。
 いや、上位になった途端に皮の読み方が変わるのっておかしくないですか……。
 始めて口に出した時に「じゅうひだろー」と言った相方に、
 ムキになって反論したのがさらに傷口を広げる結果となったので良く覚えております(滅)

 相方:「おー、そんなに言うなら公式ガイド見てみるか?」

 ラーム:「いいっすよ、見てやろうじゃありませんか。(自身満々)えーと……」

 その後、自分がディアブロスばりの潜行をしたくなった事は言うまでもありません(死)


とりあえず強く印象に残っているのはこんなところですが、この手の覚え違いは枚挙に暇がありません。
素材名の読み方一つにもハンター個々人の個性が出ていると言えばそうなのかもしれませんが……。
しかし読み方を間違っていても仲間に意図するところが伝わればそれでもいいのかな、とも最近は思ってもいます。

皆様は読み方を間違って覚えている素材、ありませんか?
公式ガイドを持っていらっしゃる方は時々チェックしてみると、思わぬ発見があるかもしれませんよ(笑)


さて、それでは今回はこの辺りで失礼致します。

本日もどうぞ、良い狩りを^^
スポンサーサイト
  1. 2008/10/22(水) 23:49:01|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

著作権表示

当ブログにおけるゲーム画像、
及び『モンスターハンター』シリーズに
関わる事項の全ての著作権は
株式会社カプコンに帰属します。

『©CAPCOM All rights reserved.』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。