老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「新たな世界」を垣間見て

ラームです(ぺこり)

先日コメントへのお返事でtriのトレーラーを見た感想を書きます、と言ったまま放置してありましたので(死)
今回はそれを記そうと思います。

モンスターハンター3・トレーラー(TGS・2008)

さてさて、3分ちょっとの映像を見た限りでは、
モンスターがその世界で「生きている」感じがより強く押し出されているように思いました。

列を成して進む甲虫種?や“ぬた打ち”をする大型モンスター(あの場合は砂打ちですか(笑)。
どちらが縄張りを侵したのか、険悪な雰囲気で対峙する海の王と空の王。そしてその脇を逃げて行くジャギィたち。
特にレウスが仕留めたアプトノスを掴んで、
他のモンスターたちが地を駆ける草原の上を飛んで行くシーンには思わず鳥肌が……。

トレーラーは特にtriの雰囲気を伝えるために作られているのでしょうけれども、
開発陣がアクションゲームとしての部分のみを重視するのではなく、
「モンスターハンターの世界」を決して軽視していない事の証でもあるように思えます。

他に細かいところではダブル肉焼きセットや崩れる地形などたくさんあるのですが、
今のところは一つ一つに細かく感想を記すのはやめておく事にします。
ただ面白いのではなく、これまで以上にモンハンの世界が持つ空気を感じさせてくれる作品になる事を期待したいです。
ちょっと注文が厳しいですか……(笑)


そうそう、一つ忘れておりましたが……
今回のトレーラーではレイアの姿をたくさん見る事ができて非常に満足でした(爆)
トレーラーの製作チームGJと言わざるを得ません。

女王健在なり

さらに美しくなったレイア、動きも実にカッコ良いです。
動く所を見ていると今すぐにでも一曲お付き合い願いたくなってきたり……もう辛抱たまりま(ブレス直撃)


それでは今回も短くて申し訳ないのですが、この辺りで失礼致します(ぺこり)

本日もどうぞ、良い狩りを^^
スポンサーサイト
  1. 2008/10/18(土) 18:46:01|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

著作権表示

当ブログにおけるゲーム画像、
及び『モンスターハンター』シリーズに
関わる事項の全ての著作権は
株式会社カプコンに帰属します。

『©CAPCOM All rights reserved.』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。