老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

再び教えを乞う

ラームです(ぺこり)

当方は仕事環境の方に変化がありまして、少々慌しい日々を送っております。
新たに仕事を覚えていくというのはある程度以上の歳になると意外に疲れるのですが、
同時に今まで知らなかった物事を徐々に自分の物にしていく流れが楽しくもあるのは変わらないようです(笑)

さて、話は変わりますが……皆様にとって「狩り続けるうちに段々手強くなってくる」モンスターはいますでしょうか。

これは普通だとちょっと考えられない事ではありますね。
ある作業を繰り返して目標を達成しなければならない場合、
多くの場合はその作業に慣れない、最初の一回が一番難しく感じるものです。
しかし一度目標を達成したその後は徐々にその作業のやり方や各パートへの力の入れ具合を調整する事を覚え、
達成までの労力はどんどん少なくなっていくでしょう。

モンスターハンターにおいてもそれは然りであって、
最初は力尽きる事が当たり前であった大型モンスターに対しても有効な装備を揃え、
立ち回りを練磨していく事によって狩れば狩るほど達成までの苦労は少なくなって行きます。

が……最近になって感じ始めたのですが、
自分にとっては狩れば狩るほど手強くなるように感じるモンスターがいるのです。

そのモンスターとは怪鳥イャンクック。
ハンターが最初に遭遇するはずの大型モンスターであり、
ようやく一丁前の装備を整え始めたハンターに対大型モンスターの基礎を身をもって叩き込む偉大なる『先生』です。
とはいえ熟練ハンターであればダブルヘッダーでも5分とかからずに討伐してしまう事もあるかもしれないモンスター、
一体どこをどうすれば手強くなるのか……と思われる事と思います。

しかしよく動きを観察してみるに、このモンスターには死角があまり無い事に気がつきます。
ブレス攻撃時の隙は少なく、回転尻尾の判定も非常に強い。
また予備モーション無しの突進や跳躍ついばみなどは攻撃速度も一級品です。
安全確実に攻撃できる隙と言うのは、威嚇以外では原種だと怒り時のばらまきブレス攻撃時くらいではないでしょうか。
体力の低さや肉質の柔らかさによって隠されていますが、実はかなり凶悪な性能のモンスターだと言えるでしょう。
(実際、それらを強化したガルルガは非常に厄介なモンスターに仕上がっています)

故に自分などは対クックの経験を重ね、その動きの優秀さを知れば知るほどクックに対する攻撃を控えてしまうのです。
「あ、今いけそう」と思っても、直後に突進で弾き飛ばされるハンターの姿が目に浮かんでしまう。
実際は肉質の柔らかさを突いて無理に突っ込んで怯ませたり転倒を狙ったりした方がいいのでしょうけれども、
以前はさほど警戒せずにできていたそれが、動きに対する理解を深めるにつれなかなかできなくなってきています。
「狩れば狩るほど手強くなるように感じる」とは、そういう意味ですね。

それにしても、一番最初に狩る大型モンスターが今頃になって怖くなってくるとはどうした事なのか……。
さすがは『先生』の名に恥じぬモンスターだなぁと変な感心をしたりもしていますが(笑)
レイアに求める「最高の一回」といい、自分にとってのモンハンが終わりを迎えるのはまだまだ先になりそうです。

三歩下がって

さて、それでは今回はこの辺りで失礼致します(ぺこり)
本日もどうぞ、良い狩りを^^
スポンサーサイト
  1. 2008/10/07(火) 04:18:57|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

著作権表示

当ブログにおけるゲーム画像、
及び『モンスターハンター』シリーズに
関わる事項の全ての著作権は
株式会社カプコンに帰属します。

『©CAPCOM All rights reserved.』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。