老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

もう一人の老兵

ラームです(ぺこり)

相変わらず咳が収まりませんが、のど飴を噛み砕きつつどうにか日常生活を送っております。
しかし最近は色んなのど飴が売ってあるんですね……。
自分が小さい頃などは妙に香りのキツい物しか売ってなかったように思うのですが、
今では普通にフルーツ風味があったりしますね。しかも十分美味しいという……。
技術の進歩って、本当に素晴らしいものです(笑)


と、閑話休題しまして。
自分が使っているPSP本体(1000型)のアナログスティックの効きは以前から少々おかしくなってきていたのですが、
このところはいよいよ症状が酷くなり、しかも以前は一時的だった症状が頻発するようになってきました。
(スティックが一方向に入りっぱなしになる。またその影響で移動しているキャラクターが断続的に止まる)
普通だとソニーに修理に出すべきところなのかもしれませんが、
以前のバイト先でこの手の症状の改善方法について少し学んでいた事もあって自分で分解してみる事に。

分解と言っても前面カバーを外すくらいの簡単なものですが、
これをやるともうメーカーの修理は受けられなくなってしまいます。
少々度胸がいるといえばいるのですが……最旧型の本体でもありますし、
UMDを読み込まなくなったりしたら新型を買い直そう、と決めて分解にかかりました。
(※当然ながら非推奨の方法です。完全に自己責任でやっております)

しかしまぁ随分と汚れております。まめに外から掃除はしているつもりだったのですが……。
ついでにPSP専用の歯ブラシや爪楊枝などで内部の清掃もしておきました。
で、肝心のアナログパッドのパーツをバラしてみますと……なぜか一部が水らしきもので濡れております。
空調などの都合で結露でもしたのでしょうか。しかしそれならば乾いてもおかしくないような……。
ともかくその水らしきものを拭き取り、スティックと基盤の接点部を清掃します。

その後はパッドのパーツを元通り組み立て、液晶画面のホコリを丁寧に取って再度PSPの前面カバーを取り付けました。
さて、ちゃんと動いてくれるかどうか……。
P2Gでしばらく試してみると、アナログパッドはもう問題ない模様。
一方向に入りっぱなしになる現象は全く見られなくなりました。よかったよかった。
さて、それでは本腰入れて狩りを……(ガチッ) うむ?

ダッシュしようと力を入れた指先に不動の手応え。何とLボタンが押し込めなくなっているではないですか(爆)
どうも前面カバーをはめ込む時に誤った位置に挟みこんでしまったようです。
慌てて電源を切って再度組み立て直し。その後はちゃんと使えるようになりました(笑)

どうやら老兵PSP-1000、もう少し頑張ってくれるようであります。
方々を見ていると新型が欲しいなぁ……と思う事も多いのですが(笑)、
せめてこの本体で狩りができなくなるまでは、なるべく丁寧に使ってあげたいなと思います。


それでは今回はモンハンの話ではありませんでしたが(笑)、この辺りで失礼を致します。
皆様もPSPやコントローラーといったお手元の相棒たちと、どうぞ良い狩りを^^
スポンサーサイト
  1. 2008/09/27(土) 20:17:19|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

著作権表示

当ブログにおけるゲーム画像、
及び『モンスターハンター』シリーズに
関わる事項の全ての著作権は
株式会社カプコンに帰属します。

『©CAPCOM All rights reserved.』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。