老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

時期外れのお祭りP2G・最終日

ラームです(ぺこり)

P2Gの配信クエスト『武神闘宴』をやってみて、一つ得心が行く事がありました。
それはフェスタだの宴だのというお祭りっぽい響きが、この世界のソロハンターにとって苦行を意味するという事です(滅)

『モンハンフェスタ03』がソロで突破できない、という記事を記したのはもう結構前になるような気がします。
それからも折を見てちょこちょこと挑んでいたのですが全く光明が見出せず、
「時間の設定がおかしい」などと自分に言い訳をしつつ、いつしか半ば諦めるような形で放置しておりました。

しかしやはり達成できていない、という事実は心に棘の如く引っ掛かり続けるものです。
そしてその感触は愉快なものではありません。

かくして『武神闘宴』を突破した余勢をかり、もう一つの“お祭り”『モンハンフェスタ03』を一気に攻略する事にしました。
注目度では後者が大きく劣りますが、実質的な難易度は互角、あるいは後者がやや上回ると思っています。
何度も挑んでは諦めていたクエストですが、さてどうなりますか……今回はこの挑戦の記録を記します。

[時期外れのお祭りP2G・最終日]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2008/09/28(日) 18:35:21|
  2. MH P2ndG
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もう一人の老兵

ラームです(ぺこり)

相変わらず咳が収まりませんが、のど飴を噛み砕きつつどうにか日常生活を送っております。
しかし最近は色んなのど飴が売ってあるんですね……。
自分が小さい頃などは妙に香りのキツい物しか売ってなかったように思うのですが、
今では普通にフルーツ風味があったりしますね。しかも十分美味しいという……。
技術の進歩って、本当に素晴らしいものです(笑)


と、閑話休題しまして。
自分が使っているPSP本体(1000型)のアナログスティックの効きは以前から少々おかしくなってきていたのですが、
このところはいよいよ症状が酷くなり、しかも以前は一時的だった症状が頻発するようになってきました。
(スティックが一方向に入りっぱなしになる。またその影響で移動しているキャラクターが断続的に止まる)
普通だとソニーに修理に出すべきところなのかもしれませんが、
以前のバイト先でこの手の症状の改善方法について少し学んでいた事もあって自分で分解してみる事に。

分解と言っても前面カバーを外すくらいの簡単なものですが、
これをやるともうメーカーの修理は受けられなくなってしまいます。
少々度胸がいるといえばいるのですが……最旧型の本体でもありますし、
UMDを読み込まなくなったりしたら新型を買い直そう、と決めて分解にかかりました。
(※当然ながら非推奨の方法です。完全に自己責任でやっております)

しかしまぁ随分と汚れております。まめに外から掃除はしているつもりだったのですが……。
ついでにPSP専用の歯ブラシや爪楊枝などで内部の清掃もしておきました。
で、肝心のアナログパッドのパーツをバラしてみますと……なぜか一部が水らしきもので濡れております。
空調などの都合で結露でもしたのでしょうか。しかしそれならば乾いてもおかしくないような……。
ともかくその水らしきものを拭き取り、スティックと基盤の接点部を清掃します。

その後はパッドのパーツを元通り組み立て、液晶画面のホコリを丁寧に取って再度PSPの前面カバーを取り付けました。
さて、ちゃんと動いてくれるかどうか……。
P2Gでしばらく試してみると、アナログパッドはもう問題ない模様。
一方向に入りっぱなしになる現象は全く見られなくなりました。よかったよかった。
さて、それでは本腰入れて狩りを……(ガチッ) うむ?

ダッシュしようと力を入れた指先に不動の手応え。何とLボタンが押し込めなくなっているではないですか(爆)
どうも前面カバーをはめ込む時に誤った位置に挟みこんでしまったようです。
慌てて電源を切って再度組み立て直し。その後はちゃんと使えるようになりました(笑)

どうやら老兵PSP-1000、もう少し頑張ってくれるようであります。
方々を見ていると新型が欲しいなぁ……と思う事も多いのですが(笑)、
せめてこの本体で狩りができなくなるまでは、なるべく丁寧に使ってあげたいなと思います。


それでは今回はモンハンの話ではありませんでしたが(笑)、この辺りで失礼を致します。
皆様もPSPやコントローラーといったお手元の相棒たちと、どうぞ良い狩りを^^
  1. 2008/09/27(土) 20:17:19|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

宴の終わりを告げる風

ラームです(ぺこり)

まだ咳が収まりませんが、熱や気分の方はかなりましな状態になってきたようです。
こういう時分にひく風邪は長引いていけませんね。
(モンハンやってるせいだろう……とは言わないで下さいw)
本日までは大事を取って休むようにと言われているのですが、
体調がましになってきたらなってきたで、どうも時間を持て余してしまいます。
キツい時はすぐ寝てしまうので、その辺りはある意味良いのですけれど……。

とりあえず座椅子で楽な姿勢を取りつつPSPを起動。
しばらくやっていると指の方はもう結構まともに動きますので(爆)、
思い切って先週配信された驚異の5頭連続狩猟クエスト『武神闘宴』に挑んでみる事にしました。
今回はその顛末を記そうと思います。

[宴の終わりを告げる風]の続きを読む
  1. 2008/09/25(木) 14:04:12|
  2. MH P2ndG
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

舞うに刃の他は要らず

ラームです(ぺこり)

先週あたりから咳が出始めた風邪が長引いておりまして、さらにここ二日ほどはどうやら山場を迎えた様子。
なかなか半端無い熱が出ましたので、お休みを頂いて自宅で療養に励んでいます。
病身とはいえ24時間眠り続けているわけにもいかず、
起き出して薬を飲むついでにP2Gをやったりドンドルマに出かけたりもしているのですが……集中力が持ちませんね;

ちゃんとした記事にしたい事もいくつかあるのですが、
そんな感じで思考の取りまとめや文章の推敲ができずに間が空いてしまいました。
いつもご覧頂いていらっしゃる皆様には大変申し訳ないです(涙)


最近はP2Gの2ndキャラでよく使っている事もあり、双剣がなかなか楽しいです。
今作では通常攻撃と鬼人化の連携能力がさらに強化されており、
ガンランスのように「攻撃を組み立てる楽しみ」が強まってきたと思います。

ところで鬼人化の解除モーションが好きな方っていらっしゃるんでしょうか。
「気」の散る音と“舞”を締めるかのような動きがすごく格好良くて、自分は大好きです(笑)
鬼人化の解除は納刀でもできるのですが、意識的に解除を使ってしまう事も多いですね。
もっとも解除ならではのメリットも全く無い訳ではなく、通常攻撃にキャンセルをかけて行なう事が出来たりもしますので、
場合によっては納刀よりも素早く鬼人化を解除する事ができて重宝しています。

自分が双剣を用いる際にあまり強走薬を飲まないのは、
実は以上のような鬼人化の発動・解除という「リズムの切り替え」が好きなせいでもあったりします。
(強走薬を飲んでいても発動や解除はできますが(笑)
強走薬を併用した双剣運用は確かに強力かつ有効な戦術です。
しかし双剣と言う武器種はシリーズを経るごとにモーション特性や連携性能に改良が加えられており、
その力を借りずとも強力かつ面白い戦いが出来るように調整されてきていると感じています。

P2Gでは弱体化したと言われる事もある双剣ですが、今こそその一対の刃が真に輝く時かもしれません。
自分はここで改めて双剣という武器種と、腰を据えた付き合い方をしてみようと思っています。


さて、それでは今回は短いですがこのあたりで失礼致します(ぺこり)

皆様もどうぞ、風邪には気を付けられて良い狩りを^^
  1. 2008/09/23(火) 14:58:46|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

霞の彼方の新天地

ラームです(ぺこり)

MH3の形が少し見えてきましたね。
今回はモンスター同士の関係の表現にも力が入れられるとの事で、その一点だけでも非常に楽しみです。
まだ全体のほんの一部が明らかになっただけですが、
雑誌記事を見た限りでは今までの雰囲気をほど良く残しつつ、新しい物を作って行こうとしているように感じました。
以下、明らかになった部分への雑感などを。


【海竜】

 「顔」が竜に戻りましたね。正統派の強さを持っているそうで、楽しみです。
 なんでも水中戦があるそうですが、どのような感じになるのか……不安と期待が半々というところですね。
 と言いますか水中でボウガンとか撃てていいんでしょうか。
 普通に使えるとは書いてありましたし、使えないと困りますが……うーん(爆)


【武具】

 どこかで見たような新デザインの武器がいくつか登場しております(笑)
 防具は既存の物でも微妙にデザインが変わっているものもあるようですね。
 しかしこの手のイラストを見ているといつも思うのですが、絵だとカッコいいんですよね……そこがちょっと不安ですw


【新小型モンスター】

 雌雄に分かれた小型モンスター、良いですね。耳がたれていて何だか犬っぽいです(笑)
 あ、そういえばレイアと争っている写真がありましたね。
 どうやらレイアの登場は確定の模様。大変安堵しました^^b


【暗闇】

 照明を持っていないと真っ暗な場所があるようですね。
 ああいう場所に潜んでいるようなモンスターには音や閃光が良く効く事でしょう。
 む、ひょっとしてボウガンに暗視スコープが……いや、さすがに無いですか(爆)
 バインドキューブとかが照明の代わりになったりすると面白いですw


分かった事が少ないので、雑感も多くを書きようがありませんね。
しかし割と期待が持てる情報が出てきた一方、こうなってくると最大の不安は操作面という事に……(笑)
おそらくどんなに素晴らしい出来でも、リモコンオンリーだと諦めてしまうと思うので善処をお願いしたいところです(爆)


と、今回は短いですがこのあたりで失礼を致します(ぺこり)

本日もどうぞ、良い狩りを^^
  1. 2008/09/20(土) 18:02:14|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

銃槍記・『銃槍の礎』より

ラームです(ぺこり)

今回は『銃槍記』から一節を。

鉄系武器と骨系武器。
実績ある武器種においては多くの武器がこの二つの大きな系統に区分されています。
しかしdosの銃槍に関しては登場したばかりという事もあってか、基礎となる系統は鉄系のみ。
亜流として骨系を思わせる銃槍はあったものの、それらは系統の中で分岐・強化されていくものではありませんでした。

が、P2ndにおいてついに銃槍にも骨系の強化系統が設定されます。
本格の狩猟武器としての証である二つの武器系統。
銃槍はその性能のみならず、狩猟武器としての地位をも確かなものにしていきます。

[銃槍記・『銃槍の礎』より]の続きを読む
  1. 2008/09/19(金) 16:07:16|
  2. 銃槍記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

スーパーハンターブラザーズ

ラームです(ぺこり)

つい先日の事ですが、仕事の休憩中に同僚といつもの如く一狩り行く事になりました。
最近はライトボウガンを使う事が多いので、ハートフルギプスで支援でもしようと集会所へ。
ところが……。


同僚:「あれ、今回はパックンフラワーじゃないんですか?」


え、何?パックンフラワーって、スーパーなマリオのあれ?一体何故ここで名前が……。
パックンフラワーってなにさと聞く自分に、同僚から回答が。


同僚:「ウチナラシですよ。似てるじゃないですかw」


パックンホルン

ううーん、確かに似ている……ような(爆)
自分で言っておいてツボにハマったのか、この後やけにマリオのネタでノリだす同僚。
結局自分はウチナラシ、同僚は双剣グランドブロス(おそらくハンマーを投げるカメのつもりなのでしょうw)で出陣。
パワーアップした巨大ゲッソー(配信ヤマツ)や黒クッパ(アカム)と戦ったりしておりました。

それにしてもウチナラシがパックンフラワーとは……発想力が豊かです。自分は全然思いつきませんでした(笑)
何かに似ている武具は結構あると思うわけですが、しっかり考えてみないと意外と気付かないものかもしれませんね。

ともあれそんな感じで、ちょっと妙なテンションの昼休みの一時を過ごしたのでありました。


と……どうも今ひとつ体調が思わしくないので、短いのですが今回はこの辺りで失礼致します(ぺこり)
本日もどうぞ、良い狩りを^^
  1. 2008/09/17(水) 20:58:23|
  2. MH P2ndG
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

二人目の狩人

ラームです(ぺこり)

P2Gでは先週からヤマツのクエストが配信されておりますが、あれは一体何をしてもらいたいのでしょうか;
武器同様クエストにも意味を見出すのも狩人の仕事でありましょうが、
ただ体力が多くなっただけの通常とほぼ変わらないクエストに出かける意味をちょっと見出せないでいます。
スノウギア=ドライブでの目標にするべきなのでしょうけれども、
何と言いますか……単なる穴埋めで設計されたのでは?という思いが先に立ってどうしてもやる気が起きません;
せめて報酬に金の引換券でも入れるとか、戦闘街でのヤマツ戦にするとかですね……(あれも好きではないですが(爆)

む、いきなり愚痴から始まってしまいました。申し訳ありません;


それでは閑話休題しまして。

前回の記事の画像でお気付きの方もいらっしゃるかもしれませんが、
ここ数日はP2Gで新規に女性キャラを登録して進めておりました。ここで改めて彼女のお披露目を。

[二人目の狩人]の続きを読む
  1. 2008/09/14(日) 21:35:43|
  2. MH P2ndG
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

共に狩場を往くモノたち・ガブラスーツボディ

ラームです(ぺこり)

ようやく実家から戻ってきまして一息ついているところです。
移動に時間を取られるのが少々難儀ですが、やはり実家の居心地はゆっくりできて良い感じではあります。
もっとも今は移動の時間にもモンハンとPSPがありますので、そこまで苦にはなるわけではありませんが(笑)

さて、今回は『共に狩場を往くモノたち』をお送りしますが、今回は武器ではなく防具について記します。
いつもならば防具はセット装備の紹介として別に記すところなのですが、
この防具を自分は非常に気に入っておりまして、これを基点として武器を含めた装備を検討する事があります。
しかもシリーズで好きだというわけではなく、一部位のみがお気に入りなのです。
よって一品に対する思い入れを記す『共に狩場を往くモノたち』のカテゴリで記事にするのが妥当だろうと思った次第です。

と、前置きが長くなりました;それではお気に入りの胴防具『ガブラスーツボディ』について筆を取ろうと思います。

[共に狩場を往くモノたち・ガブラスーツボディ]の続きを読む
  1. 2008/09/13(土) 17:35:29|
  2. 共に狩場を往くモノたち
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

彩増して

ラームです(ぺこり)

所用で2~3日ほど実家に帰る事になりまして、その準備の合間に記事を書いております。
忙しくなくなったと思ったらこれです。全く世の中という奴は上手く行きませんね;;

さて、今回はP2Gにおけるライトボウガンについて少し記そうかと思います。

同級生のヘビィに比べ、シリーズを重ねるごとに大きな変更を加えられるライトボウガン。
P2Gではこれまでのシリーズに比べて、最もライト独自の色が出ていると感じています。

その要因の一つはやはり、改良された『速射』ではないでしょうか。

[彩増して]の続きを読む
  1. 2008/09/10(水) 15:14:32|
  2. MH P2ndG
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

その問いかけに応えよ

ラームです(ぺこり)

当方は強走薬グレートが素で欲しいような状態になって参りましたが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。
しかしこの忙しさもあと少しのはず。これが終わったらドンドルマに行って回復弾撃ってもらうんだ……。

そんな死亡フラグを縦3でへし折りつつ、今回は某所で拾ってきましたモンハンバトンでもやってみようかと思います。
ちなみにdosメインのバトンのようです。

[その問いかけに応えよ]の続きを読む
  1. 2008/09/08(月) 11:05:27|
  2. MH dos
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

魂の音を聴け

ラームです(ぺこり)

三龍戦は一段落したものの仕事の方が『モンスターハンター』ばりの大連続狩猟の様相を呈しておりまして、
自動装填装備と老山龍砲・極のような存在がリアルでも欲しい今日この頃です(滅)
それでもやはりハンター同士顔を合わせれば狩りに行きたくなるものでして、
休憩時間に相方や同僚とクエストに出かける事もしばしばですが。
こういう時は1パックで2~3体のバリエーションが楽しめる大連続狩猟が重宝しますね。
レア素材も適宜出てくれますし、時間的にも丁度良い感じで終わってくれます。

今回はそういったPT狩猟で用いる事の多い装備セットを一つ紹介させて頂こうかと思います。



・装備セット『隠れ奏者』

隠れ奏者

頭:鷹見のピアス
胴:ミヅハ真【胸当て】(鼓笛珠×1)
腕:リオソウルZアーム(鼓笛珠×3)
腰:ガルルガXフォールド(忍脚珠×2)
脚:リオソウルZグリーヴ(鼓笛珠×1・忍脚珠×1)

発動スキル:自動マーキング/笛吹き名人/耳栓/隠密

狩猟笛『ウチナラシ』用に「地味だが色々役に立つ」事を目指して作製した装備セットです。
自動マーキングは大型モンスターのターゲットを正確に確認しつつ、索敵にも使えるように。
隠密はなるべく注意を引かずに演奏できるようにとの意図です。
また耳栓(頭をガルルガフェイクに変えれば高級化も可能)もついていますので、状況によって味方の硬直を解除したりも。
攻撃方面のスキルがありませんのでソロではもう一つ押しが足りないように感じますが、
PT戦では個々のスキルが遺憾なくその効果を発揮する面白い装備です。
また紫を基調とした色合いもウチナラシには合っているかな、と思っています(笑)



しかしこの装備を着て行くと、相方たちからの要求が激しくなるので非常に忙しいです。


「攻撃力アップきれたー」 「はいはーい」

「ザザミもう一匹どこにいるん?」 「カエルの所ですー」

「ギャー、うるせぇー!」(咆哮をくらった) 「お任せー!」

「し、死ぬー!!」 「慌てずにー!」(生命の粉塵)


……ん、最後のは別にこの装備でなくても良いような(爆)


狩猟笛はボウガン同様に状況を見極める能力が求められる武器だと、今更ながらに強く感じています。
攻撃するか、演奏するか、どの旋律を吹くか、味方の状況はどうか……。
思考を休ませる暇が無く非常に忙しいですが、それがまた楽しくもありますね。
まだまだ未熟なカスタネット使いですが、ぼちぼち精進していこうと思います。

打ち鳴らせ!

さて、それでは今回はこの辺りで失礼致します(ぺこり)
皆様もどうぞ、良い狩りを!
  1. 2008/09/05(金) 23:53:18|
  2. MH P2ndG
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

炎掃う風

ラームです(ぺこり)

この所、忙しいながらも休憩時間などを利用して挑戦しております黒風vs三龍戦。
鋼龍と霞龍はすでに下しており、残るは炎王龍テオ=テスカトルのみとなっています。
体力は鋼龍、素早さは霞龍をそれぞれ凌いだ上でそれらの能力が高いバランスでまとまっている難敵。
ガンナー殺しとも言える予備動作無しのカーブ突進に加えてGクラスからは新たな攻撃法も身につけており、
おそらく今回の挑戦では最も苦戦を強いられる相手だろうと考えていました。

いざ取り組んでみるとやはり生半の相手ではなく、
撃退はおろかこちらがあっという間に序盤で二死してリタイアする羽目になった事すらありました。
それでも連戦するうちにクセを掴んで完全とはいきませんがその動きに慣れ、一死もせずに撃退まで追い込めるように。

こうなれば後は炎王龍の体力をどうやって時間内に削りきるかです。
スキルと立ち回りを詰め、試行錯誤しつつ炎王龍に挑むラームと黒風。

今回はGクラス三龍一戦討伐最後の挑戦となる、対炎王龍戦の顛末を記したいと思います。

[炎掃う風]の続きを読む
  1. 2008/09/02(火) 00:02:25|
  2. MH P2ndG
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

著作権表示

当ブログにおけるゲーム画像、
及び『モンスターハンター』シリーズに
関わる事項の全ての著作権は
株式会社カプコンに帰属します。

『©CAPCOM All rights reserved.』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。