老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

狩人は眠らない

ラームです(ぺこり)

皆様には「自然に足を運んでしまう」クエストがあるでしょうか。
自分の場合はMHG以来、素材狙いの連戦や難敵の相手に疲れた時には決まってリオレイアの狩猟に赴いていました。

そして今回、P2Gにおいても一つ、新たにそういったクエストを見出す事ができました。
そのクエストとは、村上位クエスト☆9『密林の暗殺者』です。

旧密林でナルガクルガの狩猟に挑むこのクエスト、
以前にも少し記しましたが視界が悪いのとナルガの体色のおかげで動きに慣れた今でも難儀をする事があります。
視界の開けた場所を選んで戦えば良い事なのですが、
しかし自分はこのクエストでは敢えて樹木の生い茂るエリアで戦っています。

ナルガが頻繁に間合を取ったり側面に回り込んだりする事もあり、視覚はあまり頼りになりません。
始めの頃はナルガに良いように翻弄されていましたが、
今ではナルガが動く音とそれまでの経験で次の動きを予測し、ほぼ互角に勝負を行なう事ができるようになってきました。

また、移動したナルガが再度樹木密集エリアに現れるまで待つ時間もとても好きです。
回復、罠の設置、消費した弾丸の調合、そして繁みに身を伏せて次の戦闘の初手からの立ち回りを考える。
(リアルでお茶を飲んだりもしています(笑)
このクエストにはヘビィで赴く事が多いのですが、標的を待ち伏せるスナイパーの気分が少しだけ味わえます。

モンスターの動きを基本的に眼で捉える他のクエストとは違う楽しさと、それに慣れて上達していく喜び。
そして独特の狩猟の雰囲気。これらに自分は魅せられています。

ジャングルダービー

初めての狩猟の時、旧密林の樹木密集エリアは間違いなくナルガのホームでした。
しかし今、ラームにとってもここはホームになりつつあります。
様々な競技において、本拠を同じくするチーム同士の決戦は概ね例外なく熱を帯び、盛り上がります。

今となっては見返りもさほど美味しくない村上位クエストですが、
自分にとってこのクエストはそれを補って余りある魅力と楽しさを備えています。

皆様もこうした自分にとって最高に楽しめるクエストを一つ吟味されてみてはいかがでしょう。
何もGクラスにそれを求める事はありません。

肩の力を抜いて挑めるクエストでも良いですし、
立ち回りが確定している相手との戦いを楽しんでも良い。

きっとそれは厳しいGクラスでの狩猟生活においても、ハンターの喉を潤すオアシスになってくれると思います。


さて、それでは今回はこの辺りで失礼致します(ぺこり)

皆様もどうぞ、良い狩りを!

スポンサーサイト
  1. 2008/06/09(月) 09:52:21|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

著作権表示

当ブログにおけるゲーム画像、
及び『モンスターハンター』シリーズに
関わる事項の全ての著作権は
株式会社カプコンに帰属します。

『©CAPCOM All rights reserved.』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。