老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

沈黙の榴弾

ラームです(ぺこり)

本筋の進行もついに一息つきましたので、
P2Gを始める前から取り組もうと思っていた徹甲榴弾の運用研究をのんびりとやっております。
自分が好きなボウガンは徹甲榴弾の装填数が多いものが多い(イーター系、カンタロスガン)ので、
しっかり練習しておけば愛銃たちの可能性をさらに拡げる事ができそうです。

ちなみに現状では、

1:弾自体は頭に当っても爆風が違う所に当る
2:爆風が近接の邪魔になる

が大きな課題でしょうか。

課題1はモンスターの動きを一から吟味する必要がありますね。
榴弾自体を頭に当てる事はそれほど難しくはありませんが、
一瞬のタイムラグをおいてから発生する爆風を頭に当てようとすると、なかなか難しかったりもします。
逆にモンスターの動きによっては榴弾自体を頭に当てなくても爆風は頭に当たる事があり、
この辺り悩ましくも非常に面白いです。

課題2も1に絡んできます。
ハンマーや狩猟笛で気絶を狙う場合は他の近接剣士も分かっているので優先的に場所を空けてくれるのですが、
ボウガンの弾は背後から急に飛びこしてくるのでそうもいきません。
榴弾を撃ち込むよーと言えば良いわけですが、
前述のように自分が扱う榴弾の効果は、現状モンスターの機嫌で随分左右されてしまっています。
それで手間取って近接剣士の攻撃チャンスを潰してしまうのは面白くありません。

色々と思うところはありますが、まずは全種を榴弾で気絶させるところから始めてみようと思っています。
どのくらい当てれば気絶するのか、持ち込み弾で何回気絶させられるのか……
P2Gから加わった要素で分からない事だらけですが、故に面白くもあります。
このもう一つの“砲術”をしっかりと練磨して、要所で気絶を決めれるカッコ良い(笑)ガンナーを目指してみましょうか。

それでは今回は少し短いですがこの辺りで失礼致します(ぺこり)
皆様もどうぞ、良い狩りを!
スポンサーサイト
  1. 2008/04/29(火) 10:54:22|
  2. MH P2ndG
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

老兵は死なず、我と共に在り

ラームです(ぺこり)

世の中はいよいよ大型連休ムード一色となって来たようですね。
自分にも連休があれば色々と用事を済ませつつモンハンに没頭できるのですが……世の中はそう甘くありません(泣)
サービス業なんて、サービス業なんて……(ぶつぶつ)

と、貧乏暇無しの体現者の愚痴は置きまして(笑)
昨日記しました通り、今日は集会所Gクラスの最終緊急クエストに挑んでおりました。

標的は雪山深奥に現れた謎の巨大モンスター。
どうやらポッケ村に迫りつつあるこの未知の強敵に、散々回り道をした末にようやく挑む事になりました。

今回はこの挑戦の顛末を記そうかと思います。

(集会所Gクラス、最終緊急クエストのほぼ完全なネタバレとなります。続きをご覧になる際はご注意ください)

[老兵は死なず、我と共に在り]の続きを読む
  1. 2008/04/27(日) 08:28:01|
  2. 白鱗の銃槍と往く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

二転び二起き

ラームです(ぺこり)

集会所上位☆8が赤クリア(出現条件を満たしてないクエストがある)状態でしたので、
P2Gを始めてからこちら、これは何が出ていないのかな?と思っていたわけですが……。
このところP2Gに本格的にのめり込み出した相方の要望で上位紅龍を討伐しますと、
集会所上位☆8に『祖龍』が出現。これかー!

相方(また違うボマー忍者装備を作っていました(笑)との爆弾まみれの狩りを終えて、
自宅に帰ってさっそく祖龍に挑む事に。
しかし相方と行った紅龍、配信クエストではないので非常にタフでした(3回で討伐)。
おそらく祖龍もそうなんだろうなぁ……と思いつつ、大人気なくGクラス装備で出撃します。

1回目は何度か討伐する中でいつの間にか出ていた岩山龍の天隣で強化した老山龍弓G(笑)で。
部位破壊は全て早々に完了しますが、やはり簡単には倒れずに25分撃退。
と、そういえば全体落雷。P2ndの安全地帯には集中的に(爆)落ちてきていました。挑まれる方はご注意を。

硬化状態の引継ぎとかはどうなるんだろうなどと思いつつ二戦目の準備へ。
硬化しているならば爆弾でダメージを与えて行こうと、武器は同じでボマー装備で。
登場ムービーを見る限りでは、やはり開始時から硬化している模様です。

主に爆弾を使ってダメージを与えて行きますが……25分を過ぎても祖龍が飛び立つ気配無し。
えっ、ダメージが足りてない!?(死)
焦りつつ攻撃しますが、30分を過ぎても祖龍は平気の平左。
これはどーなってるんだー!……とこちらが泡を食いながら戦闘を続けていますと、ようやく二回目の撃退。
Gクラス装備とボマー付き爆弾で攻撃していたというのに……祖龍恐るべしです。
この分ではGクラスの祖龍はどれだけタフなのやら(死)

気を取り直して三戦目へ。
それならガンランスの砲撃と竜撃砲でメタメタに削ってやると砲術王の装備とガンチャリオット改で出撃します。
ガンランスでの立ち回りは以前スノウギアで挑んだ、最初の討伐時のものを今回は用いました。
砲撃、竜撃砲を交えつつ爆弾を10分くらいで使い切り、思い立って顔を攻撃しますと……もう攻撃が通ります。
あ、もう硬化解除してるんだ。それならもうすぐ倒れるかなと思いつつ攻撃していると、ようやく祖龍が崩れ落ちました。

総戦闘時間は25分、30分弱、15分でおおよそ70分というところでしょうか。
オトモの爆弾攻撃も十分に入ってこの時間ですから、完全なソロだともう少しかかりそうです。
うーむ、連戦は配信待ちですかねぇ……(死)

ともかく心残りであった上位の赤クリア状態は解消されました(Gクラスのは残ってますが(笑)。
モチベーション的に最大の課題であったGクラス古龍群(特にテオ)もどうにか一通り片をつけてきましたし、
いよいよ雪山深くに潜む未知のモンスターに本格的に挑む時が来たのかもしれません。
準備ができたら、対策を講じるためにも一度本気で戦ってみるとしましょう。

ファル○ン?

↑おまけに。
急降下攻撃の後屋上から飛び出し、なんと雲に乗っかってしまった祖龍の図です。
(少し分かりにくいですが、こちらに背を向けて雲の上に座っています)
祖龍の容貌もあって、なんとなくネバーエ○ディング○トーリーを思い出してしまいました(笑)

さて、それでは今回はこの辺りで失礼致します(ぺこり)
皆様もどうぞ、良い狩りを!
  1. 2008/04/26(土) 07:33:15|
  2. MH P2ndG
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

99回の悪態と1回の感謝

ラームです(ぺこり)

P2Gも発売から一ヶ月が過ぎました。
もう雪山のほにゃらら(伏字)を討伐され、さらなる狩猟に邁進されていらっしゃる方も多いかもしれませんね。
当方もどうにかG3クラスの狩猟も進めておりまして、現状は大連続狩猟までを全て終わらせた段階です。

大連続狩猟は少し時間がかかるものの(それでも単体クエストと同じくらいだったりしますが)、
自分の場合はアイテムの前準備や、それを実戦でプラン通り投入していくのを楽しく感じています。
初回の大連続狩猟は全てヘビィで達成しましたが、これからは色んな武器で挑んでみようかなとも思ったり。
レア素材も多少出やすいようですし(笑)


さて、今回はとあるモンスターに対するラームの思いをちょっと吐露してみようと思います。
それはもちろんギアノス……ではありません(笑)

[99回の悪態と1回の感謝]の続きを読む
  1. 2008/04/24(木) 06:58:29|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

砲声に信頼を

ラームです(ぺこり)

自分が足を運ぶゲームショップではP2Gのジャケットに品切れ札が貼り付けてある事も少なくなりました。
遊びたい方におおよそ行き渡ったと言うところでしょうか。喜ばしい事です。

さて、最近はソロ狩猟の記録ばかり記しておりましたが、例によって同僚ハンターたちもバッチリ購入済みなのでして、
仕事が終わってからちょっと一杯……ではなくてちょっと一狩りのノリで遊ぶ事も多いです。

そういう感じでPT戦をやっておりますと、
ガンランスのPT戦における最適な立ち回りはどのようなものだろうかという事をよく考えます。

[砲声に信頼を]の続きを読む
  1. 2008/04/22(火) 07:37:17|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

歩幅を小さく

ラームです(ぺこり)

岩山龍戦の余韻も落ち着いたところで、ふと我に返りますと消耗品が結構無くなっている事に気付きました。
特に爆薬関連の消耗は激しく、随分ストックしておいたはずの火薬草やニトロダケ、大タル小タルが底をつきかけています。
で、これはいかんと資金調達のついでに各狩場を巡り歩きつつアイテム収集に励んでいるところです。

現在はP2ndから使っている高速採集&剥ぎ取り名人の装備で歩きまわっておりますが、
そろそろ本格的な採集装備も欲しいですね。
こうしてせっかく貯めたゼニーがまた消えていくのでしょう(笑)

その合間にG3クラスも少しずつ進めておりますが、今は安定して1クエスト中に一死するような有様です(死)
特にディアブロスとキリンにはなかなかてこずらされています。
黒デュエルが欲しいので黒ディアと数戦してみたのですが、必要な堅牢な黒巻き角が出ない事出ない事。
あれを連戦するのは非常に辛い……の、ですが(泣)

ディアブロスは潜行からの方向転換突き上げが、まだ完全に見切れていません。
通常の突き上げもくらってしまう事があり、Dos、P2ndのゆっくりした突き上げに慣れてしまったツケが回ってきたようです。
ディアブロスにはヘビィで挑む事が多いのですが、
ガンナーの防御力では突き上げを見切れない→また来週の流れが濃厚ですので、
何とか完全に回避ができるようにならなければいけません。ネコートさんにお願いして修行を積ませてもらおうと思います。
黒ディアは特に剣士用Z防具を作ろうと思っておりますし、立ち回りを確実にしなければ……。

キリンは新モーションが多いので、まだそれが完全に把握出来ていない感じです。
攻撃チャンスは多くなったように思うのですが、怒り時の半端無いスピードに振り回されている感じがします。
ちょっとしたロデオの気分ですね。
それにしても散弾重視のショットボウガン・蛇で睡眠爆弾2回を決めてなお残り10分をオーバーしてしまうとは……
精進あるのみです。

雷と戯れる

なかなか厳しいG3クラスですが、装備を整えれば最低でもその分は楽になるはずです。
すでに最上位クラスの性能の武具たちのはずですし、後々のためにもしっかりと揃えていくとしましょう。

さて、それでは少し短いですが、今回はこの辺りで失礼致します(ぺこり)
皆様もどうぞ、良い狩りを!
  1. 2008/04/20(日) 10:35:59|
  2. MH P2ndG
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

白鱗の銃槍、頂に立つ

ラームです(ぺこり)

このところスノウギア=ドライブで挑み続けておりましたGクラス岩山龍戦が、一つの到達点を迎えました。
今回はその記録を記したいと思います。

[白鱗の銃槍、頂に立つ]の続きを読む
  1. 2008/04/18(金) 08:11:36|
  2. 白鱗の銃槍と往く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

見果てぬ頂

ラームです(ぺこり)

Gクラス岩山龍vsスノウギア=ドライブ、挑んでおりますが未だ討伐には至っておりません。

火事場+2、ボマー、砲術王の装備を使って他の銃槍で討伐した時の怒りや怯みを参考に、
それに近付けるようにやっていますが……現状では最終怒り終了直後に撃退、というパターンが最善の結果です。

狼煙

移動中の立ち回りも徐々に最適化されてきていますが、
緊張のせいか、普段なら絶対やらないような些細なミスでダメージを受けて力尽きてしまう事も多いです。
そしてそれを怖れて慎重になり、手数が減ってしまうという事も(死)

しかし今、辛いと感じるのと同時にこの上なく楽しくもあります。

今の装備と戦い方では、たとえ経過が最良であっても討伐は達成できないかもしれません。
あるいはいかなる手段を用いても、この取り組みを成功に導くのは無理なのかもしれません。

それでも、自分とスノウギア=ドライブが前に進んでいるという実感があります。
仮にこの取り組みが達成不可能であると後に知ったとしても、自分はこの一連の挑戦を無駄な事だとは感じないでしょう。
(完全燃焼する前からこういう話をするのもどうかとは思いますが……(汗)

狩猟仲間たちからは変人扱いされておりますが(笑)、今はこれが一番楽しい。
そう思っています。

再見、老師

もちろん諦めるつもりは毛頭ありません。
撃退に成功しているという事は、少なくとも討伐が見えるところにはいるはずです。
怖れずにもう一手を。怯まずにもう一撃を。失敗したらもう一度挑戦すれば良い。
なんだか自分に言い聞かせる言葉のようになりましたが(笑)、とにかくもう少し精進してみるつもりです。

さて、それでは今日も老先生に手合わせを願ってこようと思います。
皆様もどうぞ、良い狩りを!
  1. 2008/04/17(木) 09:41:50|
  2. 白鱗の銃槍と往く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

英雄の証

ラームです(ぺこり)

今回はまず、二篇の文章を紹介させて頂きたいと思います。
『HUNTER's LOG on PORTABLE』様において掲載された文章です。


『英雄の証・前編』

『英雄の証・後編』


人の書いた文章で記事を書こうとしていると思われても仕方がありません。
しかしそれでも、一人でも多くの『モンスターハンター』にこの文章を読んでもらいたいと思い、ここに道筋を記しておきます。

『P2Gも最後の敵倒したし、これで終わりかな?』と思っている方もそろそろいらっしゃるかもしれません。
まずはこの文章に目を通して下さい。
そして、その文章にはっきりとしたものでなくても何か共感できるものがあったなら、
きっとこの『モンスターハンター』というゲームは貴方にとってもっと素晴らしい世界を内包しています。

新しいRPGが発売されて、友人たちがモンスターハンターをやる事がなくなったとしても、
貴方は『モンスターハンター』と自分なりに楽しく付き合う事ができるはずです。
大丈夫。同志は大勢おりますし(笑)、何もモンスターハンターだけをやれというわけでもありません。

先達の道を参考に、自分だけの道を連綿と組み上げていく楽しさ、奥深さ。
また、そういったハンターたちと互いの道を見比べて、また新たな狩りを見出す喜び。

自分だけの道へ

一人でも多くのハンターがそういった『モンスターハンター』の楽しみに目覚め、
あるいは新たな道標となってくれる事を願いつつ、今回は筆を置く事に致します。


それでは今回は短いですが、この辺りで失礼致します(ぺこり)
どうぞ皆様も、良い狩りを。
  1. 2008/04/15(火) 09:30:29|
  2. MH P2ndG
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

登山準備

ラームです(ぺこり)

先日Gクラスの岩山龍に挑んで以来、通常狩猟の合間にスノウギア=ドライブでの討伐の可能性を模索しています。
と、いってもまずはガンランスでの立ち回りを再度詰めていくところからですが。

まずはガンランスで討伐してみようと、
手持ちの武器の中では最も有効そうな溶解銃槍ヴォルガノスを手に出陣しましたが、結果は撃退。
……ううむ、これ最終強化版なんですが(死)

ともかく、ここ数戦で気付いたこれからの課題を。


・攻撃連携の再構築

 P2nd→P2Gでは上方突きのモーションスピードが遅くなっています。
 P2ndでの岩山龍戦ではメインの攻撃手段だっただけに痛い変更です。
 攻撃連携の組み立てを一から考え直す必要があります。


・ベストポジションのキープ

 バックステップのタイミングに失敗して、前脚の風圧を受ける事が数度。
 また、上方突きが深く入りすぎて、尻尾の判定に当たって弾かれる事が数度。
 スノウギアで挑むのならば、たった一回の手数でも明暗が分かれる事になるはずです。
 時間の浪費になるこれらの失敗は何としても避けなければなりません。

 また、砦前での迷子モードへの対応も同様です。
 脚の動きと、風圧の範囲をしっかり見切れるようになる事。これを練磨していきましょう。


スキルはまた別に考えるとして、この二つは最低限必須です。

溶解銃槍ヴォルガノスで数回挑んだ手応えは、全てが上手く行ってようやく討伐になるかな?という感じでした。
物理的に可能なのか不可能なのかもデータが出揃っていない今ではまだ分かりませんが……。

そこに白鱗の銃槍があるから

……と、言いますかまだ集会所も終わってない内から何をやってるんでしょうか自分は(死)
もちろんまだ完全に本腰は入れておりませんし、集会所を終わらせてから本格的に取り組むつもりではあります。
しかし下地を作っておけばいざという時に役に立つでしょうから、少しずつやっておく事にしましょう。
そのうちに光明が見えてくる事を信じて(笑)

さて、それでは今回は短い上に自分用のメモのようになってしまって恐縮ですが(汗)、この辺りで。
どうぞ皆様も、良い狩りを!
  1. 2008/04/14(月) 10:31:26|
  2. 白鱗の銃槍と往く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Gクラスを歩く

ラームです(ぺこり)

自分の住む地域では桜はほぼ全て散ってしまったようです。
青葉に混じって残っている花びらを見ると、満開の桜を見る時よりも胸に沁みるものがありますね。

さて、今日はちょっと簡単に、最近出かけた中から印象に残ったクエストをいくつか。

[Gクラスを歩く]の続きを読む
  1. 2008/04/12(土) 08:48:25|
  2. MH P2ndG
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

老兵の歌は古塔に響くか

ラームです(ぺこり)

久々に更新二連休を頂いてしまいました(汗)
ブログの方で連休を頂くという事はリアルが忙しいという事でして、
二日ほどですがなかなかに慌しい時を過ごしておりました。
たまにはリアルで連休でも取ってモンハン漬けといきたいところですが、働かざる者狩るべからず。
リアルの厳しさはいつでもGクラスです。

さて、それはさておきましてP2Gのお話を。
ギザミやドドブランゴという自分にとってはあまり戦いたくない相手が出現するクエストが多いG2クラス。
装備や消耗品の調達など他にやる事も多く、ここでしばらく足踏みをしておりました。
苦手なクエストは隙を縫うようにこそこそとやっておりましたが、いつの間にかG2クラスも完全クリア。
さすがにそろそろ最上位、G3クラスへと挑む時がやってきたかなと感じました。

すでに緊急クエストは出現済み。目標は古塔の浮岳龍、ヤマツカミです。
今回はこの太古の龍に挑んだ記録を記そうと思います。

[老兵の歌は古塔に響くか]の続きを読む
  1. 2008/04/11(金) 10:56:46|
  2. 白鱗の銃槍と往く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

峠の先に続く道

ラームです(ぺこり)

当方はあいも変わらずG1~G2クエストの間をうろつく日々です。
先日作ったナルガ装備セットと夜砲【黒風】がちょっと気に入りまして、素材集めがてらあちこちで狩りをしております。
ヤマツに挑むのはいつになる事やら……(笑)

と、Gクラスの狩りを堪能している最中、何故かふとネコートさんの顔を思い出しました。


「そういえば村上位はまだ全部達成してないなぁ……」


Gクラスの装備を準備して来たまえと集会所に送り出してくれたネコートさん。
あの頃はモンスターの新アクションにきりきり舞いしていたラームも、Gクラスに上がってからしばらく経ちました。
(武器は)最上位クラスのものになりましたし、Gクラスでの狩猟にも多少は慣れてきたという思いがあります。

こうして、村上位クエストで唯一未クリアだったクエスト『モンスターハンター』に挑む事になりました。
今回はこのクエストの顛末を記そうと思います。

[峠の先に続く道]の続きを読む
  1. 2008/04/08(火) 09:32:28|
  2. MH P2ndG
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

迅きこと黒き風の如く

ラームです(ぺこり)

皆様の狩猟のご様子はいかがでしょうか。
当方はP2Gで先日G2クラスに上がってからこちら、未クリアクエストをこなししつつ装備固めの最中です。
ヴォルガノス戦でホーミング突進避けれねぇぇとか、
赤フル×2戦で合流マジ勘弁してくれーなどと叫びつつ、楽しくやっております(笑)

と、その途中で迅竜の延髄を手にいれる機会がありました。
上位ナルガでは中々手に入りづらい素材ですが、さすがにGクラスではそこそこの割合で報酬に乗ります。
そこで思い立って、今まで作っていなかった迅竜素材の武器『ヒドゥンスナイパー』を作ってみる事に。
グラフィックと性能はすでに確認していましたが、
貫通弾装填6連という脅威の性能とクリティカル率にしり込みして(笑)まだ作成してはいませんでした。

[迅きこと黒き風の如く]の続きを読む
  1. 2008/04/07(月) 06:45:28|
  2. MH P2ndG
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

樹の海にて

ラームです(ぺこり)

何やらアカムに続く、P2Gオリジナルの隠しモンスターの話もちらほらと見かけるように。
皆さん進行早いですね……いやはや、脱帽するばかりです。
こちらは先日上がったばかりのG1クラスをメインに狩猟を続けておりました。

猛毒を甘く見てゲリョス相手に一死したり、
ガノトトスの水中からの奇襲で眠りこけて一死したり(死)と散々な有様ながらもどうにかG1クエストを進行させ、
ようやくG2の緊急クエスト『絶影』が受注可能となりました。

すぐにでも突破して火山に行けるようになりたいところですが、ここはぐっと我慢してGクラス装備の準備にいそしみます。
ゲリョス、ババコンガ亜種、ガノトトス、ダイミョウザザミ亜種などを数戦し、
どうにかこの段階で納得の行く防御力とスキルの装備が整います。
また、同じ頃にG1クエストも全て制覇。いよいよG2クラスへの階段に足をかける事にしました。

今日はこのG2緊急クエスト『絶影』にラームが挑んだ様子を記しておこうと思います。

[樹の海にて]の続きを読む
  1. 2008/04/05(土) 09:10:50|
  2. MH P2ndG
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

巨砲の星

ラームです(ぺこり)

以前に注文していた『モンスターハンター・イラストレーションズ』と『ハンター大全』がようやく我が家に到着。
食事を忘れるほど熱中して読みふけってしまいました。
世界の断片、未知の秘境、モンスターの生態、武器の由来、人々の生活の様子……
どちらの本のどのページも非常に読み応えがありました。

何か宣伝のようになってしまいますが(笑)、もし手に取られる機会がありましたらぜひ一読を。
狩猟生活の良いサプリメントになってくれると思います。


閑話休題。

先日、本屋さんであるゲーム雑誌の立ち読みをしておりました。目的はもちろんP2Gの特集。
と、その特集の最後に各種スキルの変更点について記されている部分がありました。

へぇー、色々変わったんだなぁと目を通していますと……。

[巨砲の星]の続きを読む
  1. 2008/04/04(金) 19:06:32|
  2. MH P2ndG
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

扉を撃ち開く

ラームです(ぺこり)

例によって村上位のナルガにハマりまくっておりましたが、
ぼちぼちと未クリアクエストも進行させまして、ようやく村のラスト緊急をクリアしました。

一応P2Gのスタッフロールも見まして、
また色んな所を拝見するとそろそろGクラスの狩猟記事も多くの方が書かれています。
そして見ているとやりたくなってくるいうのが人のサガ(笑)、
村クエストが一段落した今こそGクラスに挑む時!と意を決し、準備に入りました。

[扉を撃ち開く]の続きを読む
  1. 2008/04/03(木) 10:54:32|
  2. MH P2ndG
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

トラップ&キャプチャー

ラームです(ぺこり)

いやぁ、属性弾強くなりましたねぇ……。
一頭ずつは弱めの大連続狩猟とはいえ、ティガの体力がほぼ電撃弾だけで捕獲可能域まで減りましたよ?(爆)
今回は今までにあった“意味の薄かった”ものに対する力の入れ具合が半端ないように思います。

ここ数日はオトモの育成をかねて村上位や集会所上位でウロウロしつつ、未クリアのクエストを埋めておりますが、
旧密林ナルガから始まった探知、罠師、観察眼付きのライトガンナーがちょっと楽しすぎます。

技の二号

探知能力でいち早く目標を捕捉。
軽いフットワークでベストポジションをキープしつつ、
速めの装填とサイレンサーの反動軽減を利用して特殊弾も交えて体力を削り、
必要であれば仲間を回復弾などで援護。
そして最後はモンスターの弱り目を見抜いて一瞬の隙をついて捕獲。

自分がかつてライトボウガンの理想として思い描いて、
こうであったらいいなと思っていた『技のライトボウガン』がここに来て実現したような気がします。
スキルに頼っていますし、立ち回りもまだまだ未熟ですが……
でもサイレンサーの件も含めて、はっきりとヘビィとは違った方向へ進める下地が出来たのかなと思います。
むう、ここに来てライトボウガンが再び面白くなってくるとは……!><

チキチキ罠師大キャプチャー

というわけで、あちこちに出向いてはライトボウガンでモンスターを捕獲しまくっています。
最近は討伐した方が少ないです(爆)

以下は現在使っている新スキルの雑感を少し。


・捕獲の見極め(観察眼)

 地味に良いですねー。狩人の勘を殺してしまう危険があるスキルですが(笑)
 ラージャンやガルルガのように最後まで頑張る相手の捕獲に役に立つのはもちろん、
 討伐が目的の時でもあと少しだー!と思えて頑張れたりします。


・罠師(高速設置)

 一度使うと癖になります。本来の意味での罠の使い方ではありませんが……(笑)
 罠系の調合は100%になるようですし、爆弾も僅かな隙に設置可能です。
 レウスの地上ブレスに合わせたシビレ罠設置が余裕で間に合った時はさすがにちょっと引きました(爆)
 ボマーあたりと組み合わせても強力そうですね。


どうも世の中からは置いてけぼりをくっているような気配ですが、このように上位クエストもなかなか楽しんでおります(笑)
もう未クリアクエストも埋まってしまいそうなので、さすがにそろそろヒプノック×2に挑もうかなとは思っておりますが。

さて、それでは少し短いですが今回はこの辺りで失礼致します。

皆様もどうぞ、良い狩りを! 
  1. 2008/04/01(火) 07:27:02|
  2. MH P2ndG
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

著作権表示

当ブログにおけるゲーム画像、
及び『モンスターハンター』シリーズに
関わる事項の全ての著作権は
株式会社カプコンに帰属します。

『©CAPCOM All rights reserved.』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。