老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

four sale

ラームです(ぺこり)

モンスターハンターシリーズの最新作であるニンテンドー3DS用ソフト、
『モンスターハンター4』の発売時期が2013年春に設定されると共にPVが公開となりました。
公式サイトなどから閲覧できるようになっておりますので、興味がある方はぜひ。


【モンスターハンター4 公式サイト】


自分自身はと言えばシリーズのナンバリングタイトルとして興味はもちろん十二分にありますが、
発売即購入するような意欲は今のところありません。
発売からしばらく様子を見て、商品としての完成度が過不足なく、
かつ何としても遊んでみたいと思わせてくれるような内容であればまた3DS共々購入したいと思っています。

こう書くとなんとも上から目線ですが(滅)、自分自身はあくまで開発・販売側とは“対等”であるつもりです。
提供側は矜持と誠意を以て作り上げた商品に自信を持って値段をつけて売り場に置き、
購入側はその矜持と誠意を信じ、正当な対価を支払って物品を手に入れる。
商売とは本来提供側から購入側へ一方通行で流れていくようなドライなだけの行動ではなく、
金銭のほかに信頼という形のないものが織り交ざって初めて成り立つ対等な取引であり、
またどちらか一方がもう片方に対して優位に立つような性質の行動ではない。自分はそう考えています。
(そういう意味で自分は日本の商業界ではびこっている、とある言葉が非常に好きではありません)

然るにMH4の前作にあたるMH3Gの仕上がりとその後の顛末は、
自分にとって提供側が持っているはずの矜持と誠意、それらへの信頼をかなり大きく損なうものでありました。
故に自分個人としては手放しでMH4を迎え入れる事ができないのです。

しかし同時にモンスターハンターシリーズの一ファンとしては、
新しいシリーズタイトルが足音の聴こえる位置に現れた事を単純に嬉しく、また楽しみに思っています。
このナンバリングタイトルが自分が抱いた不信を払拭し、
購入に踏み切らせる魅力を持つ狩場である事を期待してやみません。

Coming Soon?

狩りの音は遠くも止まず。再び彼の大地を友と共に駆ける日が来ますように。


さて、それでは今回はこの辺りで失礼を致します(ぺこり)
本日もどうぞ、良い狩りを。
スポンサーサイト
  1. 2012/07/02(月) 13:40:13|
  2. MH4
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

著作権表示

当ブログにおけるゲーム画像、
及び『モンスターハンター』シリーズに
関わる事項の全ての著作権は
株式会社カプコンに帰属します。

『©CAPCOM All rights reserved.』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。