老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

驚きと楽しみの狩場

ラームです(ぺこり)

P3rdをPS3に画質に手を加えて移植するとの事で、発売日ももう決定しているようですね。
すでに画面をテレビに出力して遊ばれている方もおられるでしょうし、今さら・・・という感触がしないではありません。
ただ自分個人としてはPSPでの操作はレバーやボタンの小ささや重量で少なからず疲労を伴いますし、
アクション系のゲームをやるには非常にひ弱く、不調に陥りやすいPSPでのプレイにストレスがあった事も確かで、
その辺りをカバーする商品として期待しております。内容丸移植で値段4800円はどうかなと思いますが(爆)
この調子で未だ現役のP2Gやゴッドイーターバースト、エースコンバット等もHD化されると地味に嬉しいのですが、さて。

閑話休題。

最近はWii-MHGにも手を出して色々やっている事を先日も記しました。
オンラインでは正直村に出入りされているお二人と時間をご一緒させて頂く事が多いのですが、
その中で火山の火薬岩運搬に挑む事になった時の事。
準備を進めながら、当然現れるであろうお邪魔モンスターに話が及びました。

[驚きと楽しみの狩場]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2011/06/06(月) 17:03:10|
  2. MH G
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

必死になるクエスト

ラームです(ぺこり)

最近は再びミナガルデ行きのチケットを手に入れて、Wii-MHGでの狩りに精を出しています。
大型モンスターのリズムはやっぱりこっちの方が好みだなぁと感じたり、
ランゴスタの配置とルーチンを考えた神は絶一門されてしまえなどと罵声を上げたりして楽しいです。

そんな中で、悪名高い運搬クエストも嫌な汗をかきながらこなしています。
近作では小型モンスターの移動・攻撃の性質が変化した事、運搬に有効なスキルの多様・一般化などの理由で、
やろうと思えばさほど難儀な作業ではない運搬クエストですが、この頃はまさに苦行の一言。

ある程度やり方をわきまえた現在ですら、

・キャンプへのエリアチェンジラインまであと0.5歩→ランポスに蹴飛ばされる→飛竜の卵がっ!

・道中駆除も終わり、悠々と砂漠を縦断→空気を読まない二本角にいきなり突き上げられる→草食竜の卵がっ!

・背後でランポスの声多数。カメラを振り向かせる余裕がない。そもそも霧で視界が滅茶苦茶悪い→
 スタミナが風前の灯火。相変わらず背後ではギャアギャアうるさい→
 お前らにやられるくらいなら、いっそ自分でやってやる!やってやるぞ!→緊急回避ボタン→灰水晶の原石がっ!

このような事例が後を絶ちません。
最後は本当か?と思われそうですが、事実なのが残念です。
人間精神的に追い詰められると、何をしでかすか分からないものです。うん(爆)

しかし思わずコントローラーを捻じ切りたくなるような運搬クエストですが、
プレイヤーを必死にさせる、言い換えればゲームに没入させる力は凄まじいものを持っていると思います。
近作にこういう空気を持つクエストを再び導入するべきかと考えるとノーサンキューと言いたくなりますが、
これはこれでやはりアリだったのかもしれないな、と改めて感じる今日この頃ですね。
PTプレイでも小型モンスターの同期が各プレイヤー間でほぼ完全に取れるようになるなどすれば、
モンスターを「回避する」事が最優先されるこうしたクエストの戦略・戦術的な面白味も深みを増すと思いますし、
またこれから先々運搬が独立したクエストとして復活するのもアリかもしれません。

強烈な印象をハンターに残しながら、その存在が少しずつ薄れつつあるような運搬クエスト。
叶う事ならば通常の狩猟とはまた一味違う楽しみのあるクエストととして、
(ある程度時流に即した調整を受けた上で(笑)また前面に出てきて欲しいなと思います。

さて、それでは今回はこの辺りで失礼を致します(ぺこり)
本日もどうぞ、良い狩りを。
  1. 2011/05/28(土) 18:14:45|
  2. MH G
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

怪談 耳伸びピック

ラームです(ぺこり)

自分が暮らす地域は本日真夏日でして、窓を開けていてなお結構な暑さでした(滅)
もうそろそろ梅雨も忍び寄って来るかと思いますし、いよいよ本格的な夏に突入といったところでしょうか。
食べ物がダメになりやすかったり、熱中症であったりと体調を崩しやすい季節でもありますので、
二ヶ月後には出ているはずのtri-を十分に楽しむためにも健康維持には気を使いたいところです。
こちらをご覧頂いていらっしゃる皆様もtri-を遊ぶか否かに関わらず(笑)、その辺りにはどうぞお気をつけ下さいませ。

[怪談 耳伸びピック]の続きを読む
  1. 2009/06/08(月) 19:56:00|
  2. MH G
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

言ノ葉の繋ぎ手

ラームです(ぺこり)

つい先日、Wii-MHGにて『夫婦ブログ』様の御夫婦と狩りをご一緒できる機会がありました。

ハンターランクを上げるためにレイアやガノトトスなどを相手にしながら、
メールで教えて頂いたお名前を検索していましたら御夫婦の分身を発見。
まだクエストにも出発されてらっしゃらないようでしたので、さっそく突撃を敢行しました。
街に入りますと接続関係が不調との事で対処にお忙しいであろうにもかかわらず、
こちらの突然の訪問を快く迎えてくださいました。本当にありがたい限りです。

[言ノ葉の繋ぎ手]の続きを読む
  1. 2009/05/29(金) 17:49:43|
  2. MH G
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

G-Rebirth

ラームです(ぺこり)

一つ前の記事に引き続き、Wii版MHGについて筆を取ろうと思います。
今回はクエストの記録ではなく、MHGそのものについてPS2版からの変更・非変更点を、
両方のMHGに触れたプレイヤーとして感想を合間に挟みつつ記して参ります。

懐旧の狩場がどのように生まれ変わったか、あるいは未だ見ぬ旧き狩場はどのような場所であったのか。
興味のある方は、しばしお付き合いくださいませ。

[G-Rebirth]の続きを読む
  1. 2009/05/25(月) 20:16:50|
  2. MH G
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
次のページ

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。