老人と森丘

ゲームソフト『モンスターハンター』シリーズのプレイ記録、及び雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

歩みの果ては彼方にありて

ラームです(ぺこり)

今回は二つ前の記事で予告しましたように、
クエスト『武神闘宴』を自分が扱うスノウギア=ドライブの性能の限界点と定めた理由などを記して参ります。
もしかしなくても言い訳じみた文章になる事はうけあいですので(滅)、
そうしたものは見たくないという方は続き以降をご覧にならない方がよろしいかと思います。

[歩みの果ては彼方にありて]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2009/07/29(水) 18:00:20|
  2. 白鱗の銃槍と往く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13

徒花、咲かず

相棒の性能を見極めたくて、半信半疑で歩き始めた道。
今、その限界点を望む場所に辿り着いた思いがします。


武神闘宴。

このクエストが、自分の用いるスノウギア=ドライブの限界点です。

[徒花、咲かず]の続きを読む
  1. 2009/07/26(日) 23:27:24|
  2. 白鱗の銃槍と往く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

その切先に誇りあれ

ラームです(ぺこり)

先日まで弓を頻繁に使っていた反動か、この頃はまたスノウギア=ドライブを持ち出す事が多くなってきています。
そういった狩猟の中で思うのは、やはりこの銃槍は上位クエストがホームフィールドなのだな……という事です。

何を今更という感じですが(笑)、
下位のモンスターをむやみに圧するではなく、G級のモンスターに必要以上に苦戦するでもなく。
実に「自然な」狩猟が、スノウギアドライブ-上位クエストではできていると感じています。
旧アクションのモンスターたちと戦いたければ集会所へ行けば良いし、
逆に新アクションのモンスターを相手に腕を磨きたいのであれば、ネコートさんに頼めば良い。

もしやすると、自分とスノウギア=ドライブは上位という故郷に「戻る」ために旅を続けているのかもしれません。
単に疲れが出て楽をしたがっているだけなのかも分かりませんが(笑)

……と、このような事を記していながら何なのですが、今回はその方向とは逆の狩猟記録を一つ記そうと思います。


誇り、それは空腹を満たさない。
誇り、それは弾の材料たり得ない。
誇り、それは竜の鱗を貫かない。

それは、凡そ益体なきもの。


なれど。


誇り、それは積み重ねた歩み。
誇り、それは百戦を共に駆け抜けた武具。
誇り、それは狩場で築きし絆。

それは、時に確かな力となるもの。

誇りを賭けた試練。

我と、我が相棒に誇りはあるか。

[その切先に誇りあれ]の続きを読む
  1. 2009/02/22(日) 22:20:04|
  2. 白鱗の銃槍と往く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

白鱗の銃槍と往く



【クエスト概要】

村上位クエスト☆9 『モンスターハンター』(大連続狩猟)

成功条件:全ての大型モンスター(リオレウス→ティガレックス→ナルガクルガ→ラージャン)の狩猟
指定地:大闘技場

依頼主:赤衣の男を従えた騎士

 これほどの力を持つ者に、再びまみえることができようとは。
 この最後の狩猟を終えたとき、お前は悟ることになるだろう。
 狩人として生きる事の意味を!



ラームです(ぺこり)

ガンランスにとって難敵であるラージャンへの立ち回りもある程度固まり、
いよいよスノウギア=ドライブで「モンスターハンター」に挑む準備が整ったかなと感じて数日。
進んでクエストに赴く気にはならずに通常の狩猟に明け暮れる日が続いていました。

それにはもちろんこの高難度クエストにしり込みする気持ちがない訳でもありませんでしたが(笑)、
実に論理的でない事ながら、ちょっとした心情的な理由もありました。
いつ頃からか、自分は闘技場での狩猟をあまり楽しく思えなくなっていたからです。

捕らえられ、慣れぬ環境に凶暴さを増しつつも本質的に弱りつつあるモンスターを衆人の娯楽のために狩る。
あるいはそれはもう狩猟ではないのではないか……という思いからです。
「狩人として生きる事の意味」それが狩場から離れた、このようなクエストで得られるのか、と。

しかしながらつい先日、このクエストに挑んだある弓士の記録を拝見して大きな感動を覚えます。
自身の「道」を以て臨むのならば、あるいは自分にもこのクエストに見出せるものがあるかもしれない。

意を決した自分は、待ちかねていた様子のスノウギアを手に取ったのでした。

[白鱗の銃槍と往く]の続きを読む
  1. 2009/01/24(土) 19:13:00|
  2. 白鱗の銃槍と往く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

雪山の主は誰ぞ

ラームです(ぺこり)

先日来重点的に挑んでいたティガへの立ち回りが安定して来たように感じたので、
成果を確かめるためにGクラスのティガの狩猟に赴きました。
その結果薬草×2、回復薬×2の消費で討伐に成功。うむ、まず合格と言って良いようです。

これならば当面の目標として思い描いていたクエストに挑む事も可能だろうと判断。
アイルーたちに留守を頼み、装備と準備を整えた後にスノウギア=ドライブを担いで集会所に赴きました。

[雪山の主は誰ぞ]の続きを読む
  1. 2009/01/18(日) 10:30:52|
  2. 白鱗の銃槍と往く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

狩人の道標(リンク)

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ラーム

Author:ラーム
PS2-MHGからの狩人です。
ボウガンとガンランスを
好んで使っております。

正直村より贈られた言葉
 「漆黒と紅炎のオールド・レイヴン」
 「村を覆う翼、炎を内に隠す」
 「銃光鋭く撃ちだす浪漫」
 「竜撃紳士」
 「大砲屋」
 「爆葬の黒鳥」
 「未知を歩む森人、道を示す狩人」
 「ウフイ・オンネパシクル」
 「黒鳥のバラード」
 「雪山から来た覇者」
 「零距離ジェントル」
 「黒の三足銃」
 「発破屋」

今までの来訪者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。